上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
  --/--|スポンサー広告||TOP↑
言いそびれた言葉がある
私が幸せだったことを伝える言葉を
振り返った情景のなかに探した
それは絵画として額縁のなかに残っていたから
その前に懐かしい眼差しのもと
立ち止まっていた


探していた言葉がある
君の幸せを願っていたことを伝える言葉を
つい先日の日付のなかで探した
枯れないまま立ち続けている梅の樹に残され
そして決して忘れないと言うように実り
熟すれば地に落ちていった


伝えたい言葉がある
また偶然に出会えることを
あの交差点を通りすぎながら待っている
煙草の煙と珈琲の香りを混ぜ合わせながら
陽がゆっくりと暮れていく

誕生日おめでとう

君の背中を見た夏にはまだなっていない







 
  07/06|ポエム♪||TOP↑
あざみに触れてはいけない
落ちてしまいそうな棘を抱えながら
まっすぐに前を向いて道端に咲いている
頭上には濁りのない空が広がっているのに
前を見つめたまま触れさせない
頑ななあざみ

夜露に泣くことはないのかい
少し俯いていたりしてないのかい

わたしの誕生日が近づけば咲き
君の誕生日が近づけば散っていく
触れてはいけないあざみ
草むらに埋もれながら笑うのだろう
来年も咲くよと呟きながら
頑ななあざみ

風は優しく触れたのだろうか
蝶は忘れず留まってくれただろうか

あざみに触れてはいけない
壊れそうな棘に支えられながら
埋もれていく日を待っている
手を差し伸べることを望まない
儚げで愛おしい
頑ななあざみ







 
  06/11|ポエム♪||TOP↑
夜が訪れるたびに長いトンネルを塗りつぶすために
両手の爪に重ねて赤を塗るように
同じ言葉を膝に落としている
短い物語の主人公になるために
涙と溜息を上手に溢してみようと思っている

ゆっくりと落ちていく砂時計を目の前にして
永遠に眺めていく覚悟がないように
古びた書物を指が掛かった頁から開いていく
読むことはできないが多分見るために
涙と溜息を上手に溢してみようと思っている

朝がくれば何かと擦れて爪から剥がれ落ちていき
白々とした寂しい爪だけが残されていくように
一箇所にとどまっている
昔から変わらない物語をなぞるために
涙と溜息を上手に溢してみようと思っている










 
  04/11|ポエム♪||TOP↑
夕陽が沈む前に姿をあらわす、
慌てることしかできない月がいとおしい
その一途さが夜を誘っている
帰り支度の烏たちが散り散りに飛び去る
落ちてきた黒い羽に一滴

静かな道を選びながら君に会いにいく
漆黒の闇の中で過ごすとき
そろそろ三日月が灯りを落としてくる
浮かび上がる細い背中と指が
吐息を誘う、狂おしい瞬間

朝陽が昇るころ、のんびりと居残っている
去り際を知らない月がいとおいしい
そのまま、この白いシーツに
くるまっていたい




 
  04/02|ポエム♪||TOP↑
真夜中の溜息が
朝方の景色に白いベールを降ろす
氷のような硬い空気に指先は痺れてくる
麻痺した指先に血液が流れてこない
時が流れるのか、わたしが流れていくのか
どちらでも良いことだろうなと
白い息を吐きながら
何度も観た景色のなかで思う

やがて、陽が昇れば消えていく白いベール
なにものにも変わることなく
ただ粛々と消えていく
そして、また夜風に吹かれて
真夜中に静かに復活しているのだろう
それは、誰かの涙とともに

灯かりを点けない部屋のなかで
白い溜息が零れていく
不幸だとは思わないようになった
そして幸せだと強くも思わない
頬から喉元へと這わせる指先の感覚が
痺れてしまう前に
今夜は君との夢の中に行こう

朝方の白いベールが被された景色に
指先を痺れさせながら
白い息を吐き続けている
唇に痺れた指先をあて
溶けていく白いベールに微笑んだ







 
  01/12|ポエム♪||TOP↑
一瞬にして数年前に遡れる便利さと煩わしさを
ふと見せた君の横顔に感じていた
帰れない二人の
微笑む顔に刻まれた足跡こそ
流れていく涙の路
わたしは苦悩と喜びを持って君を好きだったのだと
映画をみるように感じていた

二人で持ちえた時の場面を切り取れば
皮膚の下に流れる温もりと
皮膚の上にある触れた感触が
指の隙間から見えた君の影と重なる


すぐ横にいる君の手に触れられない悲しみと
君の腕に触れた感触を喜びながら
戻れない二人の
距離がほんの数センチでも遠かった
その空間から観る君の横顔に
わたしは苦悩と喜びを持って君を好きだったのだと
映画をみるように感じていた









 
  01/02|ポエム♪||TOP↑
 陽が薄れていくほどに暗くなる西の空
 揺れる影を雲に残して
 心地良い秋は去っていくのだろう
 頬を切る風の冷たさが胸をかき乱していく
 君の背中の冷たさほどではなくとも
 痛い、という感覚を思い出す

 陽が落ちていくほどに高く昇る月
 儚げな姿をさらして
 眠れない夜を手引きしているのか
 無駄に長い夜が古い物語を語ろうとしている
 君の背中の薄さほどではなくとも
 哀しい、という想いを思い出す

 陽が暮れていくほどに輝く星
 朦朧とした未来を照らし
 不安な朝を迎える準備をしている
 冷え込むほどに昔のわたしを手放せない
 君の背中が何も語らなかったように
 愛して、と言えなかったわたし

 陽が隠れていくほどに
 そっと出てきた細い三日月は
 誰の涙なのだろう










 
  10/01|ポエム♪||TOP↑
始まりは甘い香りの煙草の煙り
君の隣の空いた席は
わたしの隣の席となって
二人の思惑が零れていくために存在した

幾度も隣の席に座れないまま
君との会話を少しずつ織り込んでいく
まとわりつく煙のように
すぐに消えてしまうというのに
それが哀しくも楽しいと知ったから
君の隣の席は空けたまま
わたしは慣れてきた椅子に座っていた

煙草の吸殻を山盛りにするほどに
時計の針は進んでいく
少し煮詰まった濃い目の珈琲が匂う空間で
君の前の人の言葉と
わたしの前の人の言葉を繋いで
二人の視線の交わりが続いていく

二人で椅子のない部屋にいる
空いた席はなくなり
君の隣にわたしが居る
甘い香りの煙草の煙りが合図となって
終わりへ向かって始まっていく







 
  08/18|ポエム♪||TOP↑
そして夏が本格的になると思わせるような
雷が空を引き裂き、雨をぶちまけているようなとき
猫たちはゆっくりと毛づくろいをしていた
桑田の言葉のメロディに酔いながら
記憶を指先でなぞっている

あの頃は若かったと
使いまわした言葉を思い浮かべ
ただ通り過ぎたたけの波打つ感情が
随分と好きになってきた

忘れない君のことも
忘れてしまったあなたのことも
目の前を通りすぎた人々の一人でしかなく
そして、わたしも誰かの大勢のなかの
一人でしなかい

あの頃はよく泣いたと
懐かしむような気持を大事にして
微笑むことが出来るようになった自分のことが
随分と好きになってきた

そして夜は本格的な無口へと変わっていく
昔の自分に問いかけながら
好きなんだよと答えてあげていた








 
  07/11|ポエム♪||TOP↑
毎年必ず思い出す月日は
テレビに映る文字でもあるし、
カレンダーのなかに並ぶ数字でもあるし、
手元のゴムで出来た日付印だったりする

わたしに出会うために生まれてはいないけれど
ふたりでひとときを過ごすために、
君は生まれてきたのかもしれない、
そう想うようにしているわたしが今年も
少し寂しいような気分に浸る夜中を
エアコンの音とともに迎えていた

君に出会うために別れを経験したわけではないけれど
ふたりで短い夜を共有するために
わたしは生きてきたのかもしれない、
そう思えるようになっているわたしは
君におめでとうと言えないまま過ごしてきて
諦めの心地よさを覚えてきたことを知った

目の前を通り過ぎたものは
時々には姿を変え、色を変え、匂いも変えて
目の前に現れてくる戸惑いを
時計の僅かな音とともに喜んでいるわたしは
今日という日付を見て君に語っている

これからも出会う文字や数字のなかに
君との過去を探すときもあるのかもしれない
目を癒す遠くの山々の景色と同じように
時々はまだ必要なのかもしれない










 
  07/01|ポエム♪||TOP↑
■義援金募集
■1クリック募金!
■ご訪問ありがとう!
■ランキング参加中!
ブログランキングに参加中!
①②③ポチに感謝(^.^)


■リスト

■最近のポエムだわ
■プロフィール

kyo-ko-coco

Author:kyo-ko-coco
 *きょう、です。
大人の「恋愛」をポエムに。
過去の事・今の事・未来の
事も結局は想像の中でつく
られてしまう。

ポエムを読んで
あなたの感じるままに。
あなたの世界へ。


*リンクフリー 
よかったら、
お知らせ下さい(^^)
喜んで遊びにいきますね!
(ただし、アダルトサイトと
商用目的広告サイトへのリン
クは固くお断り)

*ポエムも写真も無断で使用
は禁止。私の大切なものです。

*不適切なコメントは断りなく
削除するときがあります。




ガネーシャ
世界のお守りブログパーツ
■Tree-LINK
★は詩ブログ ☆は写真ブログ ■はお好みブログ
■ふりわけ~♪
■ブロとも申請フォーム
■ブログは何歳?

*script by KT*
簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)
■全ての記事
■お得な?情報?


ナップスターCDプレゼントキャンペーン

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!









 

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。