上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
  --/--|スポンサー広告||TOP↑
空席を埋める荷物を置いて
誰かが傍にくることを拒み、窓の外側を見ていた
席のない君がここにいないように
空には、月がなかった
雨上がりの風の心地よさが
窓の向こう側に見えていた
葉っぱが茂る木々の揺れは私から遠い

川の水の温みの感触に似た話しを
テーブルの上に溢し続けた夜
月も昇らない海までどれくらいの時が必要なのか
腕時計を気にしていた

ここにないのものは、
昔もあったのだろうかと疑い
タバコの煙と吸殻を片付ける前に
君を愛していたことを思い出していた
隣には、知っている人が座り
君がいたはずの席で、違う顔が笑う姿は
氷が溶けていくように、遠く小さくなっていく

空席がないのに
君が戻る場所を探していた
荷物の中に止まった腕時計をしまい
わたしの隣の席に置いていた




 
  06/14|ポエム♪コメント(7)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
■ゆうさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。

ご無沙汰ばかりでごめんなさい。

隣の席って、
本当は大事な人に座っていてほしいですね。
でも、もう隣に座ってもらえない現実に
過去へ戻って、その時のまま止まってくれたら
とないものねだりしたい気持ちになります。
ゆうさんも、隣の席の思い出があるのですね。
そーっと、引き出してみるのもいいのかも。
切なくなるのだけど・・・。

いつもコメントありがとう(^^)
またお邪魔しますね。

+++++++++++++++++++++

■狸さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。

>ふと空席を見ればいつの間にか過去が
座っているといったような錯覚におちいります。
まったく、そんな感じです。
そうなって欲しいという気持ちもあります。
過去が懐かしくもあり、切なくもあり。
隣の席が空席のまま、って結構寂しいです。
いつもコメントをありがとうございます。
だんだん、と復活していきます(^^)

+++++++++++++++++++++

■やすべいさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。

なんとなく思い出すことは
何がきっかけかわかりませんね。
ふと、見た隣の席。
昔は、座っていた人がいない喪失感を
感じながらも、昔の思い出に浸りたい気分になったり。
隣の席、空いたままというのは寂しいのだけど。
自分の荷物が置けるのよね。

いつもありがとうございます。
また、やすべいさんの素敵な写真を見にいきますね(^^)

+++++++++++++++++++++

■maverickさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。

何処へ向かおうとしたいたのだろう。
二人並んで、座っていたときに。
目的地があって、
みんな移動しているのかもしれないのに。
わたしには、目的地が見えなかった。
隣に座った人もそうだった。
そして、いつの間にか、別々の駅で
降りてしまったのかも。
別れは、そういうものかもしれないです。

いつも応援ありがとう。
あなたのさり気ない気遣いには、いつも感謝してます。
本当にありがとう(^^)

+++++++++++++++++++++

■megumilkさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。

空席には、昔座るひとがいたのに。
今は、誰も座らない。
座らせたくもない、という気持ちがあるから
空席に自分の荷物を置いてしまうのかも。
それだけ、隣に座っていた人が
大事な人だったんだ、と思います。
だけど、空席に誰か座ってもらうのもいいのかも。
笑いあえる人だと、もっといいね(^^)

ご無沙汰していてごめんなさい。
ブロブ、またお邪魔しますね。
いつもありがとう(^^)

+++++++++++++++++++++

■久遠さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。

長いことご無沙汰してました。
今頃は、もう出張からお帰りですよね。

>そんな当たり前のことが
こよなく愛しく映る

その感覚わかります。
当たり前のことが、ほんとはものすごく
大事なことなんだって。
孤独ではあるのだけど、
その孤独と仲良くしながら、生きていきたなと思う今日この頃です。

また、お邪魔しにいきますね。
いつもありがとうございます(^^)

+++++++++++++++++++++



From: kyo-ko-coco * 2008/07/05 01:07 * URL * [Edit] *  top↑
隣の席
親に彼女を紹介するために、
東京から新幹線で大阪へ・・・
隣に座っていた彼女は思い出の人。
新幹線に乗るたびに
思い出してしまいます。
会話の内容まで・・・・

他の部分でも感じますが(止まった時計)
<空席を埋める荷物>から感じてしまいます。
From: yuyus * 2008/06/21 14:17 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは

過去と現在が交差した不思議な感覚ですね。
ふと空席を見ればいつの間にか過去が
座っているといったような錯覚におちいります。

「荷物の中に止まった腕時計をしまい
わたしの隣の席に置いていた」が印象的でした。
From: 狸 * 2008/06/18 00:03 * URL * [Edit] *  top↑
時間と席
そして鞄・・・

鞄は心のよう

大切にしまう
思い出のアルバムのようですね
From: やすべい * 2008/06/17 23:00 * URL * [Edit] *  top↑
どこへ向かう
あの日、ふたりで掛けた椅子は今は独り
楽しかった日々は遠い記憶になり
今は、そのときの心を抱いて
どこに忘れ、 どこにある
そして、どこへ向かう。

空席のない場所
鞄と時と共に

切ないですね。
From: maverick * 2008/06/17 15:51 * URL * [Edit] *  top↑
空席がないのに
君が戻る場所を探していた

この2行がぐっときます☆
電車の中の切なさ。私も分かります。
電車でよく学校や自分の想い出の場所を
通ります。
隣に君がいたらどんなにいいだろうと。
思います。余韻が響き渡る詩。
From: megumilk * 2008/06/16 00:48 * URL * [Edit] *  top↑
『椅子の中から』

テーブルを囲む
椅子の中から
こぼれゆく笑顔

目を閉じると
この部屋が奏でる音色
この部屋を包む温かさ

そんな当たり前のことが
こよなく愛しく映る

いつもと変わらぬ風景
でも 今は・・・・・・

******************************

せつないですね。
From: 久遠 * 2008/06/15 00:43 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
■義援金募集
■1クリック募金!
■ご訪問ありがとう!
■ランキング参加中!
ブログランキングに参加中!
①②③ポチに感謝(^.^)


■リスト

■最近のポエムだわ
■プロフィール

kyo-ko-coco

Author:kyo-ko-coco
 *きょう、です。
大人の「恋愛」をポエムに。
過去の事・今の事・未来の
事も結局は想像の中でつく
られてしまう。

ポエムを読んで
あなたの感じるままに。
あなたの世界へ。


*リンクフリー 
よかったら、
お知らせ下さい(^^)
喜んで遊びにいきますね!
(ただし、アダルトサイトと
商用目的広告サイトへのリン
クは固くお断り)

*ポエムも写真も無断で使用
は禁止。私の大切なものです。

*不適切なコメントは断りなく
削除するときがあります。




ガネーシャ
世界のお守りブログパーツ
■Tree-LINK
★は詩ブログ ☆は写真ブログ ■はお好みブログ
■ふりわけ~♪
■ブロとも申請フォーム
■ブログは何歳?

*script by KT*
簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)
■全ての記事
■お得な?情報?


ナップスターCDプレゼントキャンペーン

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!









 

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。