上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
  --/--|スポンサー広告||TOP↑
沈みいく西陽




■お写真は、「北空遊雲」のブログ管理人、やすべいさんから
お借りしました。
やすべいさんは、「虚空のかなた」のブログの管理人さんでもあります。
どちらのブログにも、素敵な写真がたくさんありますから、是非、足を運んでみてくださいね。

■お写真を見たときには、最初は、お月様?と思ったのですが、沈もうとしている夕陽でした。
暮れいく寂しさよりも、沈みいく優しさを感じた写真でした。



 
  05/08|写真とポエムのコラボ♪コメント(27)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
e,
From: name * 2012/02/13 00:01 * URL * [Edit] *  top↑
d,
From: name * 2012/02/12 21:34 * URL * [Edit] *  top↑
b,
From: name * 2012/02/12 19:07 * URL * [Edit] *  top↑
c,
From: name * 2012/02/12 16:50 * URL * [Edit] *  top↑
d,
From: name * 2012/02/12 14:39 * URL * [Edit] *  top↑
e,
From: name * 2012/02/12 12:31 * URL * [Edit] *  top↑
From: ciawkl * 2012/02/09 13:44 * URL * [Edit] *  top↑
ap.txt;5;10
From: agWXZAcHgVrFkNGueqo * 2012/02/07 22:30 * URL * [Edit] *  top↑
ap.txt;5;10
From: UAqYvOulPJqmBGcWzf * 2012/02/07 18:32 * URL * [Edit] *  top↑
ap.txt;5;10
From: ykBLHHaQWKQOpcBfsD * 2012/02/07 14:35 * URL * [Edit] *  top↑
ap.txt;5;10
From: YKjASJzBm * 2012/02/07 10:41 * URL * [Edit] *  top↑
From: wsgjrzvotrv * 2012/01/10 07:53 * URL * [Edit] *  top↑
From: svhqqtqddj * 2011/12/25 22:54 * URL * [Edit] *  top↑
From: lijvkyynt * 2011/12/07 23:25 * URL * [Edit] *  top↑
コメントいただいた皆様へ。
お返事が遅くなったことをお詫び申し上げます。
本当に、ごめんなさいm(__)m


■たかさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

孤独は、無くならないものだと思います。愛する人と一緒にいても、楽しく過ごせる時間を持っても。孤独があるから、人を求め愛していくのでしょうけど。
理解しあいたいのだけど、心の奥底には見せられないものがあって、そこからくる孤独もあります。
孤独を抱えつつ、生きていくのがわたしかな、と思っています。

+++++++++++++++++++++

■葉月美羽さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

薔薇のトップを変えてしまいました^^;
また気分次第で変えていくかも、です。

離れている二人にとって、それぞれが孤独を抱えているのでしょう。だけど、当たり前のように日が昇るように、孤独は当たり前のことで・・・。
そんな二人は意外と遠くのようで、近いのかもしれませんね。
ご無沙汰ばかりでごめんなさいね。
miuちゃんもお元気ですか?
また遊びに行きますね(^^)

+++++++++++++++++++++

■ピンピンシニアさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

同じ視線のようで、同じじゃないのかもしれませんね。
たとえ、長く夫婦を続けていても。
共通の感覚もあれば、全然違うこともありますし。
夫婦は、継続は力なり、みたいに感じます。
繋がりは、どんどん強くなっていくと思ってます。

+++++++++++++++++++++

■ながれ星さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

>人が孤独なものとしても、
同じように夕陽を見ている人がいるという共感だけで、
なんとなく落ち着ける。

そうですね。孤独が心底癒える、ということはないのかもしれないけれど、なんとなく和むということはありますよね。
だから、隣に誰かが欲しくなるのかもしれません。
ほんと、ボチボチとですよね。
綺麗な夕陽などみて、少しはホッと一息したいです^^;

+++++++++++++++++++++

■mToTmさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

東側と西側。遠いのだけど・・・ぐるーっと回ったら、意外と隣にいる、みたいな感じですね。
同じように、孤独を抱えた者同士、体は遠くても、心は近くに感じるのかもしれません。
夕陽の優しさがそう思わせてくれそうです(^^)

+++++++++++++++++++++

■ゆうさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

夕暮時って、寂しいときでもあるのだけど。この写真の夕陽には、なんとなく温かみを感じました。そうあって欲しいという願望もあるのえしょうけど^^;
遠くにいる二人だとしても、同じように孤独を感じている二人だとしても、それが当たり前なこととして生きていくのだろうな、とも感じます。日が沈んでも、また昇るように。

+++++++++++++++++++++

■しょうさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

ご無沙汰してます~。
そうそう、夕陽をバックに鳥が飛んでいるみたいですよ。
これから、巣へ戻るのかな。
戻る家がある、というものいいですよね。

東と西。正反対にいそうな二人でも、共通するものがあって。
それが、お互いにあたりまえなことでもあって。
距離は遠いようで、近いかもしれませんね。

+++++++++++++++++++++

■megumilkさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

写真の夕陽がね、すごくいいなぁと感じました。
夕陽が沈むのは、西側で。
その対極にいるのは、東側。だけど、お互いに共通するものをもっている。
日がまた昇るように、当たり前のように、共通の孤独をもって生きているのかな、とも感じた写真でした。
それでも、夕陽の色に、温かみを感じた写真でしたよ。

+++++++++++++++++++++

■tenkoさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

自然の営みからみたら、わたしたちって、ほんとちっぽけな存在なのかもしれないですね~。
でも、人は人なりに、孤独も喜びも悲しみを抱えて生きているんだなぁと感じます。
当たり前のように、生きているのだけど。
それは、でも一日を無事に終えて、また明日を迎えることができる、喜びでもあるんですよね。

+++++++++++++++++++++

■狸さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

東と西では、ほんと対極の存在なんですけど。
共通する「孤独」が二人が近づけるアイテムかもと感じます。

この写真の空の色もいいですけど、やっぱり夕陽の大きさと色合いも気に入ってます。
こんな夕暮には、なんとなく和めそうですね。

+++++++++++++++++++++

■やすべいさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

お写真、ありがとうございました。
素敵な夕暮の写真ですよね。小さく鳥が写っているのもいい雰囲気です(^^)

いつか孤独が消える、そういうことを願いつつ、みんな生きているのかもしれませんね。
そして、孤独があるからこそ、理解しあえる人を求めてしまうのかもしれません。

+++++++++++++++++++++

■久遠さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

孤独は消えないけれど、癒される瞬間もありますよね。
夕陽とともに沈めてしまえればいいのだろうけど・・・。
また、朝を迎えれば、また孤独を意識しつつ、しないまま、
生きていくのでしょう。
せめて綺麗な夕昏のなかで、ひと時でも孤独を忘れたいものです。

+++++++++++++++++++++


From: kyo-ko-coco * 2008/05/18 00:43 * URL * [Edit] *  top↑
静かな孤独ですね。
私の隣には君がいて、また明日も君はいる。
それでも寂しさを味わってしまう。
もっと荒々しければ、立ち向かってもいける。
静かな分だけ、やっかいな孤独です。
From: たか * 2008/05/13 19:48 * URL * [Edit] *  top↑
ご無沙汰しております。
コメント送信できなかったようで、ごめんなさい。
少し休息しておりました。
テンプレートの真っ赤なバラ素敵ですね。
とっても鮮やかで「大好きだよ」の一言が可愛い♪

次の日には、当然のように登る太陽が
東側と、西側に離れている二人のことも
当たり前だと言ってる気がしてしまいました。
寂しいけど、せつなくていい詩ですね。
From: 葉月美羽 * 2008/05/12 14:38 * URL * [Edit] *  top↑
そういわれてみれば、ヨメとも同じ線の上に立ったことってなかったなあ。
From: ピンピンシニア * 2008/05/12 06:40 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは。

毎日のように見ている太陽ですが、
夕陽は特別な何かを感じてしまいますね。
何故なんでしょうか?
日々のサイクルは短いけれど、
人の一生も地球の一生から見れば似たようなものかもしれません。
夕陽は語らないけれど、
きょうさんの言うように優しい気持ちで私たちを眺めてくれているのかも?
人が孤独なものとしても、
同じように夕陽を見ている人がいるという共感だけで、
なんとなく落ち着ける。
それが人なのかもしれませんね。
みんな同じマイブラザーってことで、とりあえずはいいのかも。
まぁ、ぼちぼちと。
From: ながれ星 * 2008/05/11 23:33 * URL * [Edit] *  top↑
詩を拝見していて、二人が西と東の彼方にそれぞれ居て、とても遠いようにも感じましたが、逆に隣同士に居て、とても近いようにも感じました。。。
・・・なんとも不思議な詩ですね。
From: mToTm * 2008/05/11 20:35 * URL * [Edit] *  top↑
心の置き所・・・
世間と言う荒波のあいだに挟まれた二つの心は、
お互いの優しさのあまり、
その差がいつまでたっても
縮まらない運命を感じてしまいます。

寂しさと迫力の同居した写真ですね。
ポエムは、見たままの心が伝わってきます。
From: yuyus * 2008/05/10 22:15 * URL * [Edit] *  top↑
こんにちは!

君は私の東側にいる
私は君の西側にいる

この言葉が特に響きましたよ^-^
詩人だ^-^☆

夕日に何かいる?鳥が見えるけど?気のせい?
From: しょう * 2008/05/10 18:09 * URL * [Edit] *  top↑
写真と書体とがまっちしたレイアウトに、
対極の言葉が乗ります。
それでも又昇るところに勇気や希望を感じます。
From: megumilk * 2008/05/10 00:16 * URL * [Edit] *  top↑
オレンジ色の光が優しく感じますね。
遠く離れている人も 同じ太陽を見ている不思議。
人間のココロがすごくちっぽけに思えてきます。^^;
From: tenko * 2008/05/09 18:19 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは

西と東は対極のように見えても表裏一体ですね。
太陽の沈んだ夜の亜空間が、お互いの共有場所。
かな・・・

写真、私も最初月かと思いました。紫っぽい空が
なんともいえない雰囲気ですね。
From: 狸 * 2008/05/08 23:13 * URL * [Edit] *  top↑
きょうさんの言葉がのると
違う世界に見えてしまう(笑)
それぞれの夕陽
それぞれの朝陽
いつか孤独が消えるといいですね
From: やすべい * 2008/05/08 21:15 * URL * [Edit] *  top↑
それぞれの孤独を抱き 沈みゆく
そんな感じの言葉と写真ですね。
夕陽の沈む先に わたしの孤独を癒してくれる
そんな場所があるような気がしました。
From: 久遠 * 2008/05/08 07:44 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
■義援金募集
■1クリック募金!
■ご訪問ありがとう!
■ランキング参加中!
ブログランキングに参加中!
①②③ポチに感謝(^.^)


■リスト

■最近のポエムだわ
■プロフィール

kyo-ko-coco

Author:kyo-ko-coco
 *きょう、です。
大人の「恋愛」をポエムに。
過去の事・今の事・未来の
事も結局は想像の中でつく
られてしまう。

ポエムを読んで
あなたの感じるままに。
あなたの世界へ。


*リンクフリー 
よかったら、
お知らせ下さい(^^)
喜んで遊びにいきますね!
(ただし、アダルトサイトと
商用目的広告サイトへのリン
クは固くお断り)

*ポエムも写真も無断で使用
は禁止。私の大切なものです。

*不適切なコメントは断りなく
削除するときがあります。




ガネーシャ
世界のお守りブログパーツ
■Tree-LINK
★は詩ブログ ☆は写真ブログ ■はお好みブログ
■ふりわけ~♪
■ブロとも申請フォーム
■ブログは何歳?

*script by KT*
簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)
■全ての記事
■お得な?情報?


ナップスターCDプレゼントキャンペーン

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!









 

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。