上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
  --/--|スポンサー広告||TOP↑
掴めそうだと手をあげたさきに
春の風が揺らす細い枝
蕾は開き始めていた
花びらの数をかぞえて
触れることさえもできないまま
指先を伸ばしていた

桜色の爪は
春の陽が映り、白い爪へと変わる
君の愛した、わたしの爪は
細く長くなり、切ってはまた伸びる
君の背中に描いた文字は
煙草の煙とともに消えていた

一方通行の道にあるバス停で
定刻のバスに乗り遅れたのを知った
空っぽのバスの後ろを見送る夕暮の哀しみは
次のバスがないことを物語り
わたしたちの一方通行の道が残っていることだった

掴みたかったものは初めから無く
手を伸ばして、触れたいと想った瞬間が
言葉にならなかった花びらの数だけの長さ

開くこともない蕾は鳥の餌になっていく
揺れては花びらを落とす風が
地面を薄紅に染めていった

君の愛した爪は伸びていた
わたしの愛した背中は
すでにバスに乗り去っていた







 
  04/04|ポエム♪コメント(28)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
IHCyvFPpgQB
b,
From: name * 2012/02/13 00:46 * URL * [Edit] *  top↑
lNjgkoylRhzc
f,
From: name * 2012/02/12 22:18 * URL * [Edit] *  top↑
pgQsADvtTieQbUG
b,
From: name * 2012/02/12 19:51 * URL * [Edit] *  top↑
GCLpKUXDGTo
c,
From: name * 2012/02/12 17:31 * URL * [Edit] *  top↑
ayySEJqEoNQJdKqroi
f,
From: name * 2012/02/12 15:18 * URL * [Edit] *  top↑
xmZKsUMYRLtdGfgQsw
a,
From: name * 2012/02/12 13:09 * URL * [Edit] *  top↑
tnSvRgaYZUJCZaVyOeQ
From: oigwacbn * 2012/02/09 19:00 * URL * [Edit] *  top↑
qeMHOZuVEoGbL
ap.txt;5;10
From: PqgCgwHMNbwOe * 2012/02/07 23:41 * URL * [Edit] *  top↑
ableQXYJlAlKib
ap.txt;5;10
From: BgKjADvGLN * 2012/02/07 19:41 * URL * [Edit] *  top↑
ACKoeVGRtzXrVXKD
ap.txt;5;10
From: ywBeDWzVraCf * 2012/02/07 15:44 * URL * [Edit] *  top↑
gYxLCzbxxfNTuPMDIw
ap.txt;5;10
From: NEhAGwEOMIaxMeUa * 2012/02/07 11:47 * URL * [Edit] *  top↑
GaSMXmAvERWPO
From: klmduochjyt * 2012/01/10 13:54 * URL * [Edit] *  top↑
EzuvsZYoXmngsHRujjK
From: eiuurkf * 2011/12/26 05:46 * URL * [Edit] *  top↑
CiUnzBbkMVKRA
From: quasvq * 2011/12/15 23:22 * URL * [Edit] *  top↑
■ゆうさんへ
今日、3つ目のコメントですね!ありがとうございます!

>四月は、出会えたことの思い出ばかりで、
これから別れの思い出も現れる人生を経験するのでしょう・・・
そうですね~。4月は入学式というイメージが強いので、
本当は別れよりは、新たな出会いが多いと思います。
それでも、やはり4月に別れがないということはなく、
どこかで別れの涙を零している人もいます。
哀しい別れよりは、これからの期待がある出会いの方がいいのだけど。毎年くる四月との出会いに、期待したいですね。

+++++++++++++++++++++
From: kyo-ko-coco * 2008/04/08 23:45 * URL * [Edit] *  top↑
再出発の向こうは・・・
桜の時期に別れを感じない僕は、
まだ幸せものかも知れません。
四月は、出会えたことの思い出ばかりで、
これから別れの思い出も現れる人生を経験するのでしょう・・・
人生の通過ポイントの一つかも?(^_-)-☆
女性ならでの「爪」で表現は、思いもつきませんでした。
素敵ですね(^J^)
From: yuyus * 2008/04/08 07:47 * URL * [Edit] *  top↑
■そらさんへ
こんばんは。
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

それなりに年をとってますので・・・^^;
様々な方との出会いあり、別れの繰り返しです。
みなさんも、それの繰り返しで生きてきていると思います。
桜の季節は、特に時期的に別れの感じが強いです。
>人は年齢を重ねるごとに素敵になっていきますよね。
それだけ経験もあって、人の思いや痛みがわかるから。
年を重ねるほどに、そうありたいと思います。

拙いポエムですが、またお越しください。
そのときには、URLを残してくだされば、と思います。
ありがとうございました。
From: kyo-ko-coco * 2008/04/08 00:23 * URL * [Edit] *  top↑
はじめまして。
どのポエムも年齢を感じさせられる大人の哀愁漂うもの
ばかりですね。素敵です。
きっといくつもの出会いと別れを経験している方なのでしょうね。
人は年齢を重ねるごとに素敵になっていきますよね。
それだけ経験もあって、人の思いや痛みがわかるから。

From: そら * 2008/04/07 16:51 * URL * [Edit] *  top↑
■kakeraさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

ご無沙汰してます。
ご訪問本当に嬉しいです。

変わらない私だと信じられている、というのは
どこかで精神的に辛いですね。
緊張を強いられたわけではないのだけど
自分らしくいられない、という関係は
いつかは辛くなってしまうものかもしれません。
別れがあって、初めて気づくことがさくさんありますね。
そこからまた、次の出会いへと進めたらと思います。


From: kyo-ko-coco * 2008/04/07 00:06 * URL * [Edit] *  top↑
彩られた長い、私の爪を可愛がってくれたひとは
今でも
私の爪がいつでも長く
切ることも
色が剥げることも
決してないと
信じている
ひとです。

だから、離れてしまったのだと
このコトバを読んで
しみじみ思いました。

お久しぶりですが
いつもながら
ポエム魂を
揺さぶるコトバに
触れることができて
本当に感謝してます。
From: kakera * 2008/04/06 10:57 * URL * [Edit] *  top↑
■おかべさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

> 桜の季節とは、実は別れの季節でもありますね。
わたしもそう思います。
出会いもみちろんありますが。
(入学式、転勤などで)
やはり、散りゆくだけの桜には、別れの切なさを感じます。
もう満開もずぎて、風が吹けば、桜吹雪となりますね。
その儚さが、時の移ろいを感じさせます。
でも、桜吹雪、綺麗ですね。
毎年、事務所の窓からぼーっと眺めています。

+++++++++++++++++++++

■狸さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

お花見のお帰りに、立ち寄ってくださいましてありがとうございます(笑)寒くなかったですか?花冷え、という言葉のように。

桜の花が咲いたとき、あー咲いてきたな、という小さな感動でした。時期がくれば、咲く。あたりまえのように咲く、その桜に、時の流れを感じます。みょうに冷静に、桜の花の揺れを窓越しに眺めたりしています。
今度は、花吹雪です。
風に舞って、綺麗だなと毎年眺めています。
ちょっと切ない気持ちになって。

+++++++++++++++++++++
From: kyo-ko-coco * 2008/04/06 00:20 * URL * [Edit] *  top↑
春愁い
 桜の季節とは、実は別れの季節でもありますね。
 春のほんわりとした空気の中で、どこか現実感のないまま、別れ話だけが妙に冷たく粛々と進行して行くような。生暖かい風に混ざって、時々吹いてくる冷たい風にヒヤリとさらされる様な。
 言いたいことは沢山あるのに、燃え尽きたような気もするし。
 そのくせその燃え尽きた後の残り香の温もりみたいな感覚が、しばらく後まで残ったりするんですよね。
 
 本名を出してしまっているので、このくらいにしておきます。
 
From: おかべ * 2008/04/05 13:41 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは

きょうは会社の花見で缶ビール2本、缶チューハイ3本を飲んでご帰宅。大型スクリーン2枚を持ち出して昔の野外映画みたいにビデオ流していたけど、誰もみてない・・・(笑)。

詩はまた淡々とした情景描写型できましたね。今流で言えば「クール」になるのかな・・・。感覚的なものかもしれませんが、この領域になるとポエムというよりエッセイに近いような気もする。
From: 狸 * 2008/04/05 00:02 * URL * [Edit] *  top↑
■mkさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

「爪」はどちらかと言えば、女性のお洒落のアイテムですから(笑)わたしは色はつけないのだけど、長く伸ばすのが好きで、そこそこ長めにしていますよ。

フラッシュも見ていただいて嬉しいです。ありがとうございました。文字だけではなく、画像と音楽があると、へなちょこポエムが生かされている感じです。

>過ぎ去った時間を考えさせられました。
そう想っていただけて嬉しいです。ありがとうございました(^^)

+++++++++++++++++++++

■藍月紫苑さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
はじめまして。ご訪問ありがとうございました(^^)

>いちばん美しく
 悲しみがゆれる
ちょっと衝撃的な言葉でした。
悲しみに美しさをみいだせる、そのときの心情は
やはり悲しみに満たされているのでしょうが。
美しさを感じれるときには、
もう遠くなった過去への哀愁にも似た感情でしょうか。
通り過ぎた過去への思いに、
美しさを見つけたいと想いました。
心に沁みる言葉でした。ありがとうございました。

リンクの件は、事後報告ですみません。
リンクしていただいて、嬉しいです(^^)
どうぞ、これからもよろしくお願いします。

+++++++++++++++++++++

■megumilkさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

過ぎ去ったものに、儚さを重ねてしまうのが、
今の時期の桜かもしれませんね。
その桜も蕾のまま枯れていくのもあれば、
開ききって、散っていく花びらもあります。
そして、また季節は当たり前のように
移り変わっていくのでしょう。
それがまた感傷的にしてしまいます・・・。
田舎の風景・・・。穏やかな、でも淋しい雰囲気もありますね。
そう感じていただいて嬉しいです。
ありがとうございました。

+++++++++++++++++++++

■Mr.HOBOさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

>ふたりの状況なのか、それとも「想い」が一方通行なのか
あまり深く読まない事にしました。
どちらともとれますよね。
それは、読んだ人の心情にどう重なるか、でしょう。
泣けてきそうな思い出は・・・。
ふと、蘇ってしまいますが。
そういう過去は捨てることもできず、胸の奥へそっと置いてしまいます。
セピア色になった思い出ですね。
だから、昔の昭和の雰囲気があったのかも。
そう感じていただいて嬉しいです。ありがとうございました。




From: kyo-ko-coco * 2008/04/04 22:56 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは、mkです。

「爪」を使っているのがなんとも素敵です。
私にはない発想で、正直参りました。
いい刺激になります^^

桜、爪、人物、バス、風景、背景と思わず魅入ってしまいました。
先日のフラッシュも痺れましたが、今回もまた痺れます。

過ぎ去った時間を考えさせられました。

From: mk * 2008/04/04 21:00 * URL * [Edit] *  top↑
はじめまして。

儚さゆえの美しさ
記憶も同じかもしれないです。

美しさのうちに
悲しみがある

悲しみのうちに
美しさがある

いつも悲しみが
美しくゆれる

いちばん美しく
悲しみがゆれる

そんな事を思ってしまいました。
ポエムの内容と違うかもしれない。。。

こちらへのリンクを貼らせて頂きました。
つたないポエムですが
これからもよろしくお願いします。
From: 藍月紫苑 * 2008/04/04 20:08 * URL * [Edit] *  top↑
本日はまた切なさと情景がなんともいえませんね。。
桜は切ない儚いイメージだけれど、
そう。開けなかった桜は鳥の餌食に。
桜も舞い散り新しい季節を迎えてゆきますね。。
最後の3行がぐっとこの風景を思い出させてくれます。
上の方のコメントではないけれど、
田舎の風景が私の頭をよぎりました。
From: megumilk * 2008/04/04 12:50 * URL * [Edit] *  top↑
映像が見えてきます、それも、ちょっと古い、昭和より。
ぼくは、いつもきょうさんの詩を拝見し感じる匂い、
この詩、とくに。古くさいという意味じゃないですよ!笑
一方通行の道にあるバス停、それはひき返せない
ふたりの状況なのか、それとも「想い」が一方通行なのか
あまり深く読まない事にしました。
泣けてくるからです。
その「瞬間」、「刹那」。
その瞬間に輝けないものは、鳥の餌になるのです。
ぼくもそう思う。
From: Mr.HOBO * 2008/04/04 11:09 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
■義援金募集
■1クリック募金!
■ご訪問ありがとう!
■ランキング参加中!
ブログランキングに参加中!
①②③ポチに感謝(^.^)


■リスト

■最近のポエムだわ
■プロフィール

kyo-ko-coco

Author:kyo-ko-coco
 *きょう、です。
大人の「恋愛」をポエムに。
過去の事・今の事・未来の
事も結局は想像の中でつく
られてしまう。

ポエムを読んで
あなたの感じるままに。
あなたの世界へ。


*リンクフリー 
よかったら、
お知らせ下さい(^^)
喜んで遊びにいきますね!
(ただし、アダルトサイトと
商用目的広告サイトへのリン
クは固くお断り)

*ポエムも写真も無断で使用
は禁止。私の大切なものです。

*不適切なコメントは断りなく
削除するときがあります。




ガネーシャ
世界のお守りブログパーツ
■Tree-LINK
★は詩ブログ ☆は写真ブログ ■はお好みブログ
■ふりわけ~♪
■ブロとも申請フォーム
■ブログは何歳?

*script by KT*
簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)
■全ての記事
■お得な?情報?


ナップスターCDプレゼントキャンペーン

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!









 

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。