上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
  --/--|スポンサー広告||TOP↑
両手で握った君の左手の
黒子の数だけ過去のカレンダーをめくり
過ぎ去った日々を星の数だけ数える
弱々しい朝日が届くまえに
数え終わろうと思う

横に座る君が消えてしまわないよう、
時折君の左手を握っていた頃の空の色は忘れ去り
君の横顔だけを手のひらに描いて
君の左手の節々を思い出す

車で高速を走り、橋を渡り、遠海を眺めた
夜空に低く浮かぶ三日月の瞬きよりも
君と過ごした部屋を記憶として胸の中に折りたたみ、
砂塵交じりの風を感じては
僅かに広げてみる

吸殻の数だけ語る君の左手を握り締め
哀しげに去り行く景色を
無言のまま眺めていた、あのとき
君もまた無言のままだった







 
  03/03|ポエム♪コメント(16)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
HiAtvnGQmTLlTYczgq
From: wqgaabb * 2011/12/08 00:07 * URL * [Edit] *  top↑
■03/06 19:46カギコメさんへ
了解ですよ(^.^)
さっそく済ませました。
また、いつでもいらしてくださいませ♪


From: kyo-ko-coco * 2008/03/06 23:18 * URL * [Edit] *  top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2008/03/06 19:46 *  * [Edit] *  top↑
■03/05 15:32カギコメさんへ
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

From: kyo-ko-coco * 2008/03/06 09:18 * URL * [Edit] *  top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2008/03/05 15:32 *  * [Edit] *  top↑
■狸さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

聴いてきましたよ。
曲はアップテンポで、人生のこと軽やかに歌ってましたね。背景の画像もよかったです(^.^)

淡々と書けるようになったのは、
やはり過去のことが遠くに感じてきた証拠なのでしょうか。
過去のことを「風」に喩えるのはあたってますね。



From: kyo-ko-coco * 2008/03/05 00:37 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは

淡々とした語りでイメージを繋げていく手法は
きょうさんの得意技ですね。
心の中を通り過ぎていく風のイメージ。

下記はこれと似たような雰囲気をもつ曲かな?
で思い出したやつ。ガネクロです。
表題の「籟・來・也」とは風の意味です。
よろしかったら・・・

http://www.youtube.com/watch?v=j596de2T0Lo
From: 狸 * 2008/03/05 00:11 * URL * [Edit] *  top↑
■Mr.HOBOさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

素晴らしい、こういう誉め言葉には、
ほんと照れてしまうのですが(笑)

リンクありがとうございます!
相互ということでよろしいでしょうか?
これからもよろしくお願いします(^.^)


From: kyo-ko-coco * 2008/03/04 23:19 * URL * [Edit] *  top↑
■おかべさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

>映画のオープニングのようでした。
おかべさんの上手い解説のおかげで、
わたしのポエムがなんだかものすごくいい雰囲気に感じてしまいます。
カメラを使う人らしいコメントに、
自分では意識していなかったものを、教えて頂きました。

>ちょっと誉めすぎのようですが、実はこういう「手→橋→海」みたいに「近→高→遠」のカメラ割りって、小説の描写としても上手な技術なんですよ。

ほんと、誉めすぎですよ^^;照れてしまいました。
小説・・・。うーん。あのように、ながーいものはムリだと思います。
途中で、何がどうなってきたのか分からなくなってしまいそうですから^^;
やはり、ポエムのこの長さが自分には似合っていそうです。
でも、貴重なご意見ありがとうございました(^.^)

+++++++++++++++++++++

■葉月美羽さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

>「君の左手」を両手で握り締める想いの深さと
不安な気持ちを感じました。
そうなんですよ。今このとき、一緒にいても、これが永遠のときになるわけでもないから、それをわかっていても不安になってしまう。
そんな世界にいたのは過去のことで、ふと、思い出していた二人の世界は、遠いものです。

+++++++++++++++++++++

■megumilkさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

>そんな些細な事が幸せだったのだと過ぎてから気付く事ばかりです。
過ぎてしまってから、その頃は本当は幸せな時期だったんだと思ってしまいます。
その頃には、不安な気持ちを抱えていても、一緒にいる、隣にいる、ということだけでも・・・お互いに寄りかかれる相手がいるとうことがどれだけ、幸せなことなのだろう。
過ぎ去ったものは戻らないのだけど・・・。ふと蘇りますね。

+++++++++++++++++++++

■けいさんへ
初めまして。訪問とコメントありがとうございます。

過去の幸せだったころ、それでも未来への不安をもっていた頃を思い出すときに、その幸せを手放してしまった寂しさがでてしまいます。
もう、戻らないときだからこそ、なのでしょうが。。。

お邪魔させていただきました(^.^)
けいさんのブログは、自然体で優しい雰囲気でした。
またお邪魔しにいきますね。

+++++++++++++++++++++

■03/03 05:59のカギコメさんへ
おお!よかったですね(^.^)
たまには、心も体にも栄養を~♪
元気になれたみたいで、よかったです!


+++++++++++++++++++++

■純ちゃんへ
こんばんは。久しぶりの詩をありがとうございます。

彼の手を握り締めるかわりに、
彼が握り締めていたライターを握り締め、
微笑んでいる姿が浮かびます。

他人には、ほんのささやかなことでも、
自分にとっては、明日へ向かうエネルギーになりますね。

ライターのガスがなくなる前にまた、彼と会えたらいいのに、
なんて思いながら、タバコに火を点けていそうです。




From: kyo-ko-coco * 2008/03/04 23:15 * URL * [Edit] *  top↑
きょうさんへ
なにも喋らない「君」の手の力とか体温とか。
隔たり、距離、いろんな。
素晴らしい!
勝手にリンク貼らせてもらいました。
すみません。HOBOでした。
From: Mr.HOBO * 2008/03/04 22:50 * URL * [Edit] *  top↑
お世辞でなく
 男と女の手のアップで始まり。
 抽象的な回想シーンを、細かいカメラ割りで表現した後。
 カメラは大胆に橋や海の遠景に切り替わって、そこが走行中の車の中だと初めて解る。
 無言の二人を、寂しいような暖かいような、車のエンジンの音が包んでいそうですね。
 遠近を上手に使ったカメラの視点に観客が慣れたころには、その全てが回想で、第二幕のエピソードにつながっているような。
 映画のオープニングのようでした。
 ちょっと誉めすぎのようですが、実はこういう「手→橋→海」みたいに「近→高→遠」のカメラ割りって、小説の描写としても上手な技術なんですよ。
 きょうさんも一度小説を書いてみたらどうですか。
From: おかべ * 2008/03/04 16:36 * URL * [Edit] *  top↑
「君の左手」を両手で握り締める想いの深さと
不安な気持ちを感じました。
それでも、無言の後に待っているものが
温かなものであるといいな。
From: 葉月美羽 * 2008/03/04 10:00 * URL * [Edit] *  top↑
君はどこまでも、あなたにもたれ、
あなたの右手に委ねていたのですね。。
私も薄暗い車の中でたわいもない話をした事。
そんな些細な事が幸せだったのだと過ぎてから気付く事ばかりです。
From: megumilk * 2008/03/03 22:29 * URL * [Edit] *  top↑
はじめまして、けいと申します
何度か訪問させていただいているのですが、コメント書くのは初めてです

寂しげで、けれどどこか綺麗で
とても素敵な詩ですね~♪

こちらもブログで詩を書いてます
拙い文章ですが、よろしければ読んでやってください

ではでは~
From: けい * 2008/03/03 21:17 * URL * [Edit] *  top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2008/03/03 05:59 *  * [Edit] *  top↑
Re.
やっと言い出せた言葉
「ライター交換しよ」
「なんで」
「持っていたいから」

アナタが握ってたものだから
ポケットに入ってたものだから
あたしの大好きな骨ばった手で
使っていたものだから
またしばらく会えなくなるから

なんて本心は言えなかったけど
フツーの100円ライターだからくれた

こんなものでまたしばらく頑張れる
火をつける度にその手を思い出して
From: 純 * 2008/03/03 05:54 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
■義援金募集
■1クリック募金!
■ご訪問ありがとう!
■ランキング参加中!
ブログランキングに参加中!
①②③ポチに感謝(^.^)


■リスト

■最近のポエムだわ
■プロフィール

kyo-ko-coco

Author:kyo-ko-coco
 *きょう、です。
大人の「恋愛」をポエムに。
過去の事・今の事・未来の
事も結局は想像の中でつく
られてしまう。

ポエムを読んで
あなたの感じるままに。
あなたの世界へ。


*リンクフリー 
よかったら、
お知らせ下さい(^^)
喜んで遊びにいきますね!
(ただし、アダルトサイトと
商用目的広告サイトへのリン
クは固くお断り)

*ポエムも写真も無断で使用
は禁止。私の大切なものです。

*不適切なコメントは断りなく
削除するときがあります。




ガネーシャ
世界のお守りブログパーツ
■Tree-LINK
★は詩ブログ ☆は写真ブログ ■はお好みブログ
■ふりわけ~♪
■ブロとも申請フォーム
■ブログは何歳?

*script by KT*
簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)
■全ての記事
■お得な?情報?


ナップスターCDプレゼントキャンペーン

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!









 

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。