上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
  --/--|スポンサー広告||TOP↑
まだ知らないままの出会いを
雑踏の中で決めたのは
駅の先の景色が似合うから
何も始まらないようで
何かが終わるのかもしれないと
街の埃が風に舞うのを眺め
君の手を掴む

迷子になる街で
他人のままの顔で並んで歩いた
無彩色の景色のなかで
ビルだけは空を目指していた
居場所のない昼間の街の片隅に
人ごみの影で暮明を作り
わたしたちが向かう道を歩き出していた

電車の走る金属音を聞きながら
君の腕に抱かれよう
一瞬の懐かしさに涙するなら
それは嘘であっても真実なのだと
君に告げよう
そして、君に唇を預けよう

駅の先には景色がある
永遠となる僅かな時間を
それぞれの景色にかえていった





 
  09/12|ポエム♪コメント(15)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
コメントありがとうございます(^.^)
■葉月美羽さんへ
二つもコメントありがとうございます。
お返事がおそくなってごめんなさい^^;

出会ったばかりは、まだ他人の顔のままなのかも。
いいえ、長い付き合いでのお互いを理解し合えない
関係のときは、やはり他人のままの顔かもしれない、
なんて思ってしまいました。
出会い、そしてまた、お互いの景色の中へ戻ってい
くのは、付き合いの長さとは関係ないように思え
ます。

***********************

■ゆうさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事がおそくなってごめんなさい。

お互いの接点をみつける努力が必要なのかもしれま
せんね。すべてが、重なりあえるわけではないと
感じるから。
それがわかっているからこそ、強く手を握ってしまう
のかもしれないですね。
お互いを感じるために、少しでも不安をなくすために。


From: kyo-ko-coco * 2007/09/17 21:27 * URL * [Edit] *  top↑
コンバァンワァ~…>(~ロ~||)
心が痛いですね(ノ_・、)

>他人のままの顔で並んで歩いた

永遠が訪れない二人には、そんなふうにして
街を歩くしかできないのかも。
短い大切な時間を過ごし、
帰らなければいけない景色に戻っていく。

悲しいけど綺麗な詩で感動しました♪


From: 葉月美羽 * 2007/09/15 22:15 * URL * [Edit] *  top↑
接点
このような詩の流れの中で
今、僕は歩んでいます・・・
僅かな接点を見つけるため
お互いに努力しあって、
人生の中でいくつかあるプラットホームに
途中下車。
ベンチで彼女を懐かしく思いながら待つ僕の姿。
出逢って最初にした事は、お互いの手を強く握り合う。
それが二人のいつもの光景。
From: yuyus * 2007/09/15 07:07 * URL * [Edit] *  top↑
コメントありがとうございます(^.^)
■09/14 01:34分のカギコメさんへ
こんばんは。何度も読んでいただいてありがとう。
わたしのポエムでご自身の世界を作れたこと・・・
嬉しいです。ありがとう(^.^)

**********************

■あこさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事がおそくなってごめんなさい。

知っているようで、まだ出会ってない人との出会い
を書いてみました。
同じ時を過ごすことができても、お互いがもって
いる景色は、やはり違っていて、共有できる部分と
いうものはお互いのほんの一部なのかもしれないと
感じました。すべてを分かり合えることは難しいで
すが、同じ時間を共有できる喜びはあると思ってます。

***********************

■megumilkさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事がおそくなってごめんなさい。

人との出会いは、人が溢れた駅の雑踏の中での出会
いかもしれない。周りはみんな知らない人だらけ。
でも、その中の誰かと出会う。運命じゃない。もう、
本当は出会っていて、その存在はあったのだろうな
と感じます。
お互いに違う景色を抱えながら、時間だけを共有で
きるのかもしれません。

***********************

■アンジェリーナさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事がおそくなってごめんなさい。

出会いのはじめは、他人のままです。
そこから、脱皮することは難しいような気がします。
お互いに別々の景色をもちより、一部だけが交差す
るような感覚です。
一緒にいるときは、時間を共有できてもまた別々の
景色へと戻っていきます。
短いときになるのか、長いときになるのか、また出
会うまでは、別々の世界の中で生きているのでしょう。

***********************

■狸さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事がおそくなってごめんなさい。

>そして嘘も真実も景色の部品
嘘のようだけど、それもまた真実なんですよね。
出会いに、懐かしさを感じるのはおかしいけれど、
そう感じたことは真実ですから。
そのような出会いもあるのでしょう。
お互いの抱える景色が一部分だけ交差する感覚かな。

**********************

■09/12 15:56分のカギコメさんへ
こんばんは。
ありがとう(^.^)
のんびりとしております。
元気で食欲もあり、ほっとしておりますよ。
台風がくるので・・・ちょっと心配です。

**********************

■タイムブログランキングさんへ
こんばんは。
お知らせありがとうございます。
今のところ、考えておりません。
ご了承くださいませ。

**********************

■09/12 08:36 分のカギコメさんへ
こんばんは。
お知らせ、ありがとうございます。
心のままに、自分の決めたままに、ブログは。。。
また、お邪魔しますね。

**********************

■ピンピンシニアさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事がおそくなってごめんなさい。

そうですね、駅って人が溢れているけれど、知らな
い人ばかりです。
次から次にと知らない人が電車から降りてくる光景
になんだか異世界を感じてしまいます。
そんな雑踏の中で、知らないままの出会いがあるの
でしょう。本当は、もう出会っていたのですが。
そのときが初めての出会い。手を繋がないとはぐれ
てしまいそうです。
それでも、また別々の世界へと戻っていくのですが。

***********************

■暁森 窓幻 さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事がおそくなってごめんなさい。

嘘であっても、本当は真実なのですよね。
そう思ってしまったからには。
別々に抱える景色が一部交差しただけなのかもしれ
ないですね。お互いにただ自分のもつ景色の中へ
戻っていっただけでしょう。
それが永遠の別れになるのか、ひと時の別れになる
か、だけのような気がします。
永遠の別れになる場合が多いですよね。
いつも応援ポチありがとうございます。

***********************

■ながれ星さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事がおそくなってごめんなさい。

二人の出会いは、現実なのでしょうがそれは非現実
にも感じます。
知らないままの二人が出会い、時間は共有できても、
お互いが抱える景色は共有できないままだと思います。
一部が交差されるとき、その腕に抱かれているとき
でしょう。
お互いに別々の電車にのり、別々の景色の中へ戻っ
ていく。刹那的な関係ではないけれど、永遠でもな
いように感じます。

***********************
From: kyo-ko-coco * 2007/09/15 03:22 * URL * [Edit] *  top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2007/09/14 01:34 *  * [Edit] *  top↑
ドラマのように
頭の中でストーリーが流れていく感じ。
いつか違う景色がお互いを待っているのだとしても
一瞬の真実に身を委ねる。
そんな切なさをかみしめながら
それでも溢れる気持ちを抑えられないような
そんな印象でした。


From: あこ * 2007/09/13 00:10 * URL * [Edit] *  top↑
日々の一部である駅の風景と恋愛がうまく表現されていてすっかりその世界に引き込まれてしましました。
すごいです。今日も表現力に脱帽ですね。
From: megumilk * 2007/09/12 22:21 * URL * [Edit] *  top↑
駅の雑踏の中にまぎれた二人の時間だけが、どこか他の世界に存在
しているようで・・・
他人のままの顔で歩いても確かにその手は繋がれているんですね。
それでも、やっぱりそれぞれの景色の中に戻っていく。
切なさがこみあげてきます。
From: アンジェリーナ * 2007/09/12 22:10 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんはです。

疲れた体の中を通り過ぎていく白い風
まるで運命の糸に操られた凧
レールの先に見えるのはセピア色の景色
そして嘘も真実も景色の部品

今日のはちょっとノスタルジックな世界かも。
もちろん異郷は現在。
From: 狸 * 2007/09/12 21:11 * URL * [Edit] *  top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2007/09/12 15:56 *  * [Edit] *  top↑
ご案内
ブログランキングご参加〔相互リンク〕のお願い

サイト名:タイムブログランキング
URL:http://www.time-ranking.com/

はじめまして、「タイムブログランキング」管理人の水本と申します。
先日、BLOGランキングサイトをオープン致しました。
現在ご参加いただけるブログ様を募集しております。
ランキング参加はもちろん無料です。

是非、貴ブログ様のご登録をご検討下さい。
よろしくお願い致します。

コメント欄をお借りしてのご案内をお許し下さい。


※検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております為、
重複してのご案内になりましたらお詫び申し上げます。

From: タイムブログランキング * 2007/09/12 14:39 * URL * [Edit] *  top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2007/09/12 08:36 *  * [Edit] *  top↑
確かに駅はさまざまな思いの集まる、気持ちの坩堝ですね。
知らないもの同士が交錯し、その中で、知っているはずの隣の人は握っている手だけが他人ではないことを証明するのかもしれません。
知らないもの同志が集まるのが駅なんですね。
From: ピンピンシニア * 2007/09/12 05:41 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは!

>嘘であっても真実
この言葉は胸に響きます・・・。
昔を思い出してしまいました。
嘘でも、嘘の世界でも真実の世界。
現実に二人は存在し、一緒にいる。

この先に見える景色が違っている事は、
最初から知っていても、全て受け入れ
今見ている二人の景色を大切にするしかない。

そんな事が昔、自分にはありました(汗)
From: 暁森 窓幻 * 2007/09/12 02:27 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは。

きょうさんの詩には、
とてもリアルな風景と非現実の情景が同居しますね。
現実の否定か、アンニュイな現実肯定か、
読んでいてもわからないまま、こちらの頭も霞んで行くようです。

金属音を聞きながら
君の腕に抱かれよう

昔にタイムトリップしていくような感覚。
それでいて醒めた感覚。
真実は自分でもわからない心の彷徨。
それでも、どこかの風景に同化していく。
でも、期待しない方がいいのかも。
まず、電車に乗らなきゃね。

From: ながれ星 * 2007/09/12 01:58 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
■義援金募集
■1クリック募金!
■ご訪問ありがとう!
■ランキング参加中!
ブログランキングに参加中!
①②③ポチに感謝(^.^)


■リスト

■最近のポエムだわ
■プロフィール

kyo-ko-coco

Author:kyo-ko-coco
 *きょう、です。
大人の「恋愛」をポエムに。
過去の事・今の事・未来の
事も結局は想像の中でつく
られてしまう。

ポエムを読んで
あなたの感じるままに。
あなたの世界へ。


*リンクフリー 
よかったら、
お知らせ下さい(^^)
喜んで遊びにいきますね!
(ただし、アダルトサイトと
商用目的広告サイトへのリン
クは固くお断り)

*ポエムも写真も無断で使用
は禁止。私の大切なものです。

*不適切なコメントは断りなく
削除するときがあります。




ガネーシャ
世界のお守りブログパーツ
■Tree-LINK
★は詩ブログ ☆は写真ブログ ■はお好みブログ
■ふりわけ~♪
■ブロとも申請フォーム
■ブログは何歳?

*script by KT*
簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)
■全ての記事
■お得な?情報?


ナップスターCDプレゼントキャンペーン

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!









 

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。