上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
  --/--|スポンサー広告||TOP↑



■お写真はnanbuyaさんのブログ「九十九里物語」 からお借りしました。

九十九里の写真がたくさんありますよ。
波・砂浜・鳥・月など、素敵なお写真がたくさん♪
是非是非、ご覧ください(^^♪お勧めします!
 
  04/13|写真とポエムのコラボ♪コメント(14)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
コメントありがとうございます(^.^)
>しょうさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

懐かしい気持ちになれてよかったです♪
お写真のおかげですね!
朧な空に、朧な月に、なんとなく和む
雰囲気もありますから。
お忙しいのに、ありがとうございます!

+++++++++++++++++

>カギコメさんへ
たくさん、余韻にひたってくださいね(^^♪
わたしも嬉しいです♪

+++++++++++++++++

>はてるまさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

そうだったのですか?
ブログの世界は、広いようで狭いですね(^.^)
nanbuyaさんには、お写真をお借りして
お世話になってます。
素敵なお写真ばかりで。
心から感謝してます♪

+++++++++++++++++
From: kyo-ko-coco * 2007/04/15 21:39 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは!
マイマイマイペースのしょうです!

何かこの写真を見て懐かしく思いました!!九十九里浜に行った事はないけれどこの風景と月

幼かった頃の自分を思い出します!!

素敵な詩に写真をありがとう!!
From: しょう * 2007/04/15 01:16 * URL * [Edit] *  top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2007/04/15 01:03 *  * [Edit] *  top↑
九十九里物語
nanbuyaさんのブログには(時々ですが)お邪魔しています。
こちらのブログで
「九十九里物語」を拝見できるとは・・・と思ってよくよく見てみると、きょうさんとnanbuyaさん、リンクなさってたんですね!納得しました^^
ブログって、知らない方同士がこんな風につながることができる、ほんとに楽しいツールですよね。
From: はてるま * 2007/04/14 23:54 * URL * [Edit] *  top↑
コメントありがとうございます(^.^)
>あこさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

「残月」という言葉は、nanbuyaさんがブログで書かれて
おられたので、その言葉を頂いて、書いてみました。
月との距離も、君との距離も同じように遠いものだと
感じている夜明けです。
その夜明けが、やがて君にも来るのだろうか、と
一人眺めている感じでしょうか。。。。
いつもポチありがとうございます♬

+++++++++++++++++

>狸さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

「残月」は、nanbuyaさんのブログから頂いてきたのですが、
それまでは知らなかったのです^_^;
残月の優しい光が、夜の女神、のような雰囲気が
あるのかもしれませんね。
鬼子母神ですか・・・自分が哀しい想いをして、初めて
人の哀しみを知る。
そうかもしれないですね。体験することで、悟ることは
たくさんあります。
残月の優しい光が教えてくれたのでしょう。

+++++++++++++++++

>megumilkさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

余韻にひたれる、という言葉に感謝します。
ありがとうございます。
読んだまま、みなさんの想いで感じていただけたら、
と思ってます。

mixiはお友達、多いですね♪
詩のお友達がふえたら、詩の話題で盛り上がりそうです(^.^)

+++++++++++++++++

>ピンピンシニアさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

月は好きで、よくポエムに書きますけど。
仰るように、月にはたくさんの魅力がありますよね。
その中から、魅力の一つをポエムに書いていったり。
月の光で、人の心が洗われる、この言葉も月の魅力のように
感じます(^.^)

+++++++++++++++++

>ながれ星さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

>何が望みなのか、何が消えてしまったのか?
 明日はどうするんだろう?
望むことは、眠り続ける君が目覚めること。
消えてしまったのは、ふたりの近い距離。
今は遠くなってしまったから。
明日は・・・君を思い、君にも朝が来ることを
願っていると思います。
君に朝がくることで、わたしという存在に
気づいてほしいと思っているからです。
朝は、街から河へ、そして君のところへ行くことを
願って。。。

+++++++++++++++++

>暁森 窓幻 さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

明け方の月の存在を、今まで意識していなかったのですが。
nanbuyaさんのおかげで、「残月」という月があることを
知りました。
多分、優しい光なんだろうな、と思ったのです。
寂しい思いをしている人にも。みんなに平等に。。。
いつもポチありがとうございます♬

+++++++++++++++++

>nanbuyaさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

nanbuyaさんのおかげで、「残月」という月を
知ることができました。
ありがとうございますm(__)m
残月から受けるイメージは、nanbuyaさんの仰るように、
幻想的で不思議な感覚にしてしまいます。
でも、朝を迎えたなら、幻想的な世界から、
現実の世界へもどされていきそうです。

+++++++++++++++++

>通りすがりんさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

>一番大切な人の手の温もりだけは
 忘れないです。
そうだと、思います。
今、傍にいなくても、ふとその温もりが
蘇るときがあると思います。
忘れていないから。
朝方の残月を感じながら、遠くなった
君の温もりを感じるように。

+++++++++++++++++



From: kyo-ko-coco * 2007/04/14 21:57 * URL * [Edit] *  top↑
月の魅力が漂う詩ですね。
遠く儚いその魅力が
相手とのその距離に重なって見えました。
ポチ♪
From: あこ * 2007/04/14 16:24 * URL * [Edit] *  top↑
明け方って太陽と絡ませる表現(暁・東雲・曙・黎明など)が多いのですけど、残月で表現してきましたね。まさに夜の女神。
勝手な解釈ですが無意識の中に潜む大母かな(頭の中にちらっと鬼子母神が浮かびました)。
From: 狸 * 2007/04/14 15:15 * URL * [Edit] *  top↑
只今、質の高いブログオーナー様のみにお声をかけさせて頂いてます。
この度オーナー様のブログを拝見させて頂きました。
オーナー様のサイトを活用し広告収入と自由な時間を得ませんか?
弊社では高い還元率でサイトオーナー様を応援いたします。

☆ムリせず高収入アフィリエイト!!
㈱SpoonCommerce
http://spooncommerce.com/
是非!一度ご検討下さい。

株式会社 スプーンコマース
From: 株式会社 スプーンコマース * 2007/04/14 14:13 * URL * [Edit] *  top↑
最後の行が好きです。きょうさんの詩の魅力は、言い切らないで、余韻に浸れる部分にあると思うんです☆だからそれぞれのひとが自分の想いを重ねて共感できる。本当に自分にもこういう詩が書けたらなあっていつも思っています☆

mixiでもよろしくお願いしますね☆マイミクに詩の仲間が増えました♪
From: megumilk * 2007/04/14 09:21 * URL * [Edit] *  top↑
青白い空に浮かぶ白い月は幻想的です。月の光には不思議な力が感じられます。
人の心も、月の光で、洗われるといいな。
From: ピンピンシニア * 2007/04/14 05:55 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは、きょうさん。

近いけど遠い存在。
触れられるけど、それは一瞬の思い。
残月とは少し残酷な言葉にも思えてしまいます。
街から河へ、ゆるりと流れていく
なんとなく艶っぽい時間と対照的な名残りの月。
何が望みなのか、何が消えてしまったのか?
明日はどうするんだろう?
From: ながれ星 * 2007/04/14 01:16 * URL * [Edit] *  top↑
明け方の月も何かを思わせる
存在ですね。
二人で過ごした後の明け始めた
静寂の街を眺める時間。自分は
好きです。何故か寂しい気分に
なってしまうんですけどね・・・。
残月のせいかもしれません。

ポチっとね!
From: 暁森 窓幻 * 2007/04/14 00:57 * URL * [Edit] *  top↑
月明かり、幻想的な不思議な存在です。
ある意味、人を惑わせ、感覚を麻痺させ、狂わせる。傍らで眠る彼の寝息を聞きながら、窓辺でじっと月を眺めるうちに、少しずつ空が白み始める。経験は無いが、妄想してみました。
From: nanbuya * 2007/04/13 21:26 * URL * [Edit] *  top↑
触れただけの温もり
これほど愛しい想い出はないですからね。

大切な人が去ってもう3年になります。触れた手、それから優しい声、
大事な人、大切な長い月日。
眠れない日々が続いていた 3年前。

あれから 大切な人は確かに誰一人いないけれど。

一番大切な人の手の温もりだけは
忘れないです。
私を幸せで長い間見守った人だからね。

わからない。逆のヒトばかり数年私を追うからか。余計、際立つ。
亡き人の優しさがすごい輝いてね。

From: 通りすがりん * 2007/04/13 21:15 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
■義援金募集
■1クリック募金!
■ご訪問ありがとう!
■ランキング参加中!
ブログランキングに参加中!
①②③ポチに感謝(^.^)


■リスト

■最近のポエムだわ
■プロフィール

kyo-ko-coco

Author:kyo-ko-coco
 *きょう、です。
大人の「恋愛」をポエムに。
過去の事・今の事・未来の
事も結局は想像の中でつく
られてしまう。

ポエムを読んで
あなたの感じるままに。
あなたの世界へ。


*リンクフリー 
よかったら、
お知らせ下さい(^^)
喜んで遊びにいきますね!
(ただし、アダルトサイトと
商用目的広告サイトへのリン
クは固くお断り)

*ポエムも写真も無断で使用
は禁止。私の大切なものです。

*不適切なコメントは断りなく
削除するときがあります。




ガネーシャ
世界のお守りブログパーツ
■Tree-LINK
★は詩ブログ ☆は写真ブログ ■はお好みブログ
■ふりわけ~♪
■ブロとも申請フォーム
■ブログは何歳?

*script by KT*
簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)
■全ての記事
■お得な?情報?


ナップスターCDプレゼントキャンペーン

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!









 

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。