上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
  --/--|スポンサー広告||TOP↑
時ばかりが進んでいき
森の中に彷徨うわたしに
君からの出口はあるのだと
降る細雪に知らされていながら
始まりの時は忘れてしまい
凍えた空を眺るばかり

遠い空からふる
視界をさえぎる細雪 
目に入っては涙となって流れ
無数のすじとなって消えていく

冷たい空からふる
歩ることをこばむ細雪
身体にまとわりついても留まらず
染み込むように消えていく

時ばかりが進んでいく
森の中で彷徨いながらさがす
君の声が降る細雪とともに遠くなる
終りの時がくるのを感じながら
降っては消えていく記憶に
凍えた空は何も語らない



■久遠さんのブログ

「ときどき せつない」


で毎月催している、その月の「お題」から記事を書くことから、
「お題」を頂いてきました(^^)

その「お題」について、久遠さんがかかれている記事を下記に
コピーしてますので、気に入った方は、是非お持ち帰り
して、「お題」に挑戦してみて下さいね(^_-)-☆

****************************

◎お題の言葉を題名に入れるか、文中で使って書く。
題名あるいは文中にお題の言葉をいれる。
◎お題の言葉から連想する事を書く。
題名あるいは文中にお題の言葉をいれなくても
言葉から連想したイメージを文字にして下さい。
以上の2点です。
ってことは・・・何でもいいってことですね。
詩、短歌や俳句、写真、小説、日記、何でも(>▽<)b OK!!

ではでは、1月のお題は7つにしました。
続きを読んでね!

1月のお題!
*細雪(ささめゆき)
こまかい雪 または まばらに降る雪のことを言います。
古くから「雪月花(せつげっか)」といわれるように
日本人は「春の桜」「秋の月」「冬の雪」を愛でる習慣がありました。
細かく降る雪のことですが 静かで優美かつ清浄な感じがします。

*風花(かざはな)
私がよく使う言葉の一つですね。
本来の意味とは違う使い方が多いけど(笑)
本来の意味は 風のない晴れ上がった空から 突然花びらのように
雪が舞い落ちてくる様子を言います。
はらはらと舞い落ちて 一瞬で消えてしまう儚さを
綺麗に表現してる気がします。

*銀花(ぎんか)
雪はしばしば花に例えられますが この言葉も
雪を花びらではなく花に例えた呼び方です。
はかなげな冬の光の中 ちらちらと舞い落ちる雪の花・・・
空にはどんなお花畑があるのかな?って 時々思ってしまいます。

*若菜(わかな)
一般に「春の七草」の総称を言います。
萌えいずる緑に 一年の無病息災を願いたいですね。
芹 なずな ごぎょう はこべら 仏の座 すずな(大根) すずしろ(かぶ)
を言いますね。

*入相(いりあい)
「日の入る間」を略してできた言葉です。
つまり 夕暮れ時のことですね。
空を赤く染めて 山の端に沈む夕陽・・・
時にはせつなく 時には穏やかに心を染めてくれます。

*愛日(あいじつ)
夏の照りつける太陽は「赤日(せきじつ)」秋は「秋陽(しゅうよう)」
そして 冬の日差しは「愛日」と言います。
「冬の日は愛すべし」(春秋左氏伝)からきた言葉だそうです。
冬の温かな日差しの中は 懐かしい思いでも揺れている気がします。

愛日のもう一つの意味は 親孝行をするために日を惜しむことついう
意味もあります。
静かにやさしく降り注ぐ冬の日差しが 親を思う気持ちに
似ているからでしょうか。

*ぬくもり
程よいあたたかさ 内部にこもったあたたかさを指すようです。
「あたたか」は「暖か」とも「温か」とも書きますね。
「暖か」は気候や気温に対して「温か」は液体などに対してと
使い分けられてるようですね。
心の場合 気持ち等なので気体かなって思いますが
液体などで使う「温もり」で表現するようです。
「ぬくもり」はよく使う言葉ですが 語源は「夏来(ぬく)」から
来ているとも言われています。
 
  01/11|ポエム♪コメント(12)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
コメントありがとう(^^)
>NANAさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

お題で書かれたのですか?
楽しみにして、後ほどお伺いします(^^♪
ヘタじゃないですよ。以前のときのも情感が
出てましたから。
ほんと、楽しみです♪

+++++++++++++++++++++++++++

> 泊節さんへ
こんばんは。はじめまして。
ご訪問とコメントありがとうございます。
いや、そんな素敵なといわれると照れてしまいます。
拙いポエムなのに。ありがとうございます(^^)
だんだんネタ切れで苦しんでおります^_^;
また、よろしかったら読みにきてくださいね。
これからもよろしくお願いします(^^)

+++++++++++++++++++++++++++

>megumilkさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

嬉しいコメントをありがとうございます(^^)
終りのきた思いには、もう何も語れなくなった感じです。
凍ってしまった心みたいに。
また、いつかは溶けていくのでしょうが。

+++++++++++++++++++++++++++

>アンジェリーナさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

美しいと感じていただけて嬉しいです。
細雪のように儚く消えてしまう関係もありますよね。
いつも応援ありがとうございます♪

+++++++++++++++++++++++++++

>久遠さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

1月のお題で、また知らなかった言葉を知ることが
できました。
いつもお題に助けてもらってます。ありがとうございます(^^)

忘れきれないでいる思い出は、本当は心の中に
染み込んでいる証拠なんですよね。
そろそろ消えてもよさそうなんですが(笑)

+++++++++++++++++++++++++++

>あこさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

綺麗、という言葉で表現していただいて嬉しいです。
お題の細雪のイメージとあっていたでしょうか?
いつも応援ありがとうございます♪

+++++++++++++++++++++++++++

>ダヤンさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

15歳の頃の思い出は、切なくも鮮明に心の中に
残っているのですね。
その頃の降る雪は、やはり細雪だったのでしょうか?
溶けて体に染み込んで寒かったことでしょう。

+++++++++++++++++++++++++++

>暁森 窓幻さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

お題の言葉に、私もいつも日本の言葉を教えてもらってます。
挑戦してみませんか?
綺麗という表現に喜んでおります(^^)
お題のイメージにあってたでしょうか?

+++++++++++++++++++++++++++

>さきさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

馴れ合いになると、いつのまにか忘れてしまう
ことがありますよね。
大事なことまでも。
>情景が浮かぶ美しい詩
もったいない言葉です。でも嬉しいです(^^)
応援ありがとうございます♪

+++++++++++++++++++++++++++

>町子さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

美しい終わり方だったら、美しいままの思い出で
心の中にいつまでも残りそうです。
でも、やっぱり別れは哀しいもの。
あんまり経験しない方がいいような気がしますが・・・・^_^;

+++++++++++++++++++++++++++








From: レスです♪ * 2007/01/13 00:20 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは^^
私も1月のお題に挑戦してみました。
相変わらず、へたですが・・・(笑)

やっぱり、すごいですね!
きょうさんの詩は・・・
大人の情感っていうのかなぁ~
ほんと素敵です!

From: NANA * 2007/01/12 22:50 * URL * [Edit] *  top↑
初めまして
初めまして !
突然お邪魔します
こんなに素敵なポエムが沢山 浮かんでくるのか?
感心して読んでいます
これからも宜しくお願いします
From: 泊節 * 2007/01/12 20:40 * URL * [Edit] *  top↑
降っては消えていく記憶に
 凍えた空は何も語らない

この2行がとても切ないです。最後の行でぐっと締め付けられる感じがしました。前半から読んで行き、最後にぐっと締まっている詩だなって好感を持ちました。
From: megumilk * 2007/01/12 17:20 * URL * [Edit] *  top↑
きょうさんの美しくも儚い細雪の世界が映像のように
浮かんできます。
 終りの時がくるのを感じながら
 降っては消えていく記憶に
 凍えた空は何も語らない

この三行に胸が締め付けられます。
応援していきます。


From: アンジェリーナ * 2007/01/12 16:18 * URL * [Edit] *  top↑
TB&1月のお題で書いていただき
ありがとうございます。m(_ _)mペコリ

忘れてるようで 忘れきれてない
記憶の奥に細雪とともに染みて行く
そんな印象を受けました。
From: 久遠 * 2007/01/12 09:49 * URL * [Edit] *  top↑
情景溢れる、そして儚く切ない
溜息のでるような素敵な詩です。
悲しいんだけど綺麗です。
今日もポチ♪
From: あこ * 2007/01/12 07:52 * URL * [Edit] *  top↑
終わりのときがくる
『終りの時がくるのを感じながら
降っては消えていく記憶に
凍えた空は何も語らない』

この3行、胸を締め付けられます。唾が飲み込めないほど・・・・。大人の恋じゃなかったけど、15歳の冬の自分ではどうしようもない、離れ離れになり、終わりになった、幼い恋で、雪の降る空を見ていたのを、思い出しました。
From: ダヤン * 2007/01/12 03:27 * URL * [Edit] *  top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2007/01/12 01:55 *  * [Edit] *  top↑
「お題」の言葉は、どれも美しい言葉ですね。
勉強になります。

別れの悲しさから脱却する心情などが
綺麗に表現されていて素晴らしいですね!
細雪が刹那さを感じさせてくれます。
From: 暁森 窓幻 * 2007/01/12 01:46 * URL * [Edit] *  top↑
>始まりの時は忘れてしまい
>凍えた空を眺るばかり
この2行共感しました。
一緒に居ると始まりを忘れている事ありますよね。
それに、別れの瞬間が、細雪の降る情景と重なって
ゆっくり、スローモーションのような感覚になりました。
自分の事だけれど、第三者の視点でそれを受け止めているような、、
うまく表現できませんが様々な風景、温度、気持ち、情景が浮かぶ
美しい詩だと思いました☆
ポチしていきます♪
From: さき * 2007/01/12 00:34 * URL * [Edit] *  top↑
終わりを告げる細雪の冷たさが、白い息にかじかんだ手に、切なくも伝える様が真っ白いイメージの中で儚く、美しく凍てついるようです。
 分かり難い感想ですみません・・・。
 読んだ瞬間に感じたのは
 「美しい終わりは心が凍てつくように悲しみに麻痺してしまうかもしれない。でも、そういう終わり方を体験してみたい・・・。」
 でしたw。
From: 町子 * 2007/01/11 23:42 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
■義援金募集
■1クリック募金!
■ご訪問ありがとう!
■ランキング参加中!
ブログランキングに参加中!
①②③ポチに感謝(^.^)


■リスト

■最近のポエムだわ
■プロフィール

kyo-ko-coco

Author:kyo-ko-coco
 *きょう、です。
大人の「恋愛」をポエムに。
過去の事・今の事・未来の
事も結局は想像の中でつく
られてしまう。

ポエムを読んで
あなたの感じるままに。
あなたの世界へ。


*リンクフリー 
よかったら、
お知らせ下さい(^^)
喜んで遊びにいきますね!
(ただし、アダルトサイトと
商用目的広告サイトへのリン
クは固くお断り)

*ポエムも写真も無断で使用
は禁止。私の大切なものです。

*不適切なコメントは断りなく
削除するときがあります。




ガネーシャ
世界のお守りブログパーツ
■Tree-LINK
★は詩ブログ ☆は写真ブログ ■はお好みブログ
■ふりわけ~♪
■ブロとも申請フォーム
■ブログは何歳?

*script by KT*
簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)
■全ての記事
■お得な?情報?


ナップスターCDプレゼントキャンペーン

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!









 

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。