上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
  --/--|スポンサー広告||TOP↑
オレンジ









スポンサーサイト

 
  08/29|写真とポエムのコラボ♪||TOP↑
青い空に浮かぶ満月を求めて走った
私には何も得られないし
私にとって何も意味がないことに
意味があるように思えて
動いていない満月を求めて走った

虫の声と枯れ草の匂いが混じりあう晩夏の夜に
風は時間とともに止まっていた
遠くの港の灯りは儚く
黒い海に飲み込まれた船の姿は見えない

青い空に浮かぶ満月を求めて走った
誰もいない展望所は
誰も受け入れない暗さを街灯が照らしていた
満月は頭上にあったが手は届かない

伸びた夏草の間をぬける道ばかりだが
夏草は香りを放つ機嫌の良さがあり
昼間の疲れを癒す野花もいた
それぞれが青い空に浮かぶ満月に恋していた

私には届かない満月がいとおしくて走った
私の中に何も意味はないが
意味のないことが大事だった

青い空に浮かぶ満月を求めて走った
ただ追いかけて走った晩夏の夜だった






 
  08/26|ポエム♪||TOP↑
tuki.jpg


枝葉の隙間から月を見上げ
多少の風の柔らかさを肌に感じ
夏の終わりを草むらの虫に教えてもらう


君の姿を木々の影に見つけ
君の囁きを夜風に聞いて
君を愛した過去は月の窪みにあった


借り物の恋愛をいとおしむ姿も手放す痛みも
すべて幻にしてしまう今宵には
曖昧な微笑みを落とす月が昇っていた


君の匂いを夏草に見つけ
君の温もりを星たちに感じて
君を愛した過去は月の窪みにあった







 
  08/22|写真付ポエム♪||TOP↑
海岸線









 
  08/20|写真とポエムのコラボ♪||TOP↑
射すような日差しを避けて
木陰でまどろむ初秋の使者たちを見つけ
なりふり構わず幹にしがみつき
必死に鳴き続ける蝉の声を束ににして聞く
混沌としてきた一日の流れを
秋色に染まったトンボが泳いでいる
もの哀しげな月はゆっくりと昇りはじめる

君の戸惑いの表情を見た瞬間に
わたしの夏は終わった
聞こえてはいないが多くを語る口元から
胸を突き刺す言葉が飛んでくる
日中の眩しい日差しが苛立たしく
無言のままの残酷さが晩夏を際立てる
焼けた肌を白く戻すために
雲の陰に隠れていこう

四六時中君を思って泣いた頃
二人の距離の遠さが怖くてしかたなかった
君が感じない距離の怖さは
脆くなった橋を簡単に壊していく
曖昧な景色となった向こう岸の色はわからないが
橋を壊す君だけしか行けない
わたしには遠すぎる

最初からそうなることは知っていた
一瞬忘れていただけだった
もの哀しい月もやがて満月を迎える
雲も秋空の飾りとなることを知っていた











 
  08/17|ポエム♪||TOP↑
otera.jpg








 
  08/15|写真とポエムのコラボ♪||TOP↑
hanabi


ゆんフリー写真素材集から頂いてきた写真です(*^_^*)
いろんな写真がフリー素材としてあるので、興味のある方はどうぞ♪








 
  08/14|写真とポエムのコラボ♪||TOP↑
言葉を交わすほどに
わたしたちの距離が縮まる期待を文字に託して
一晩中眠らないまま話そう
爪の形から血液型まで
語れないことまでも語ろう

黒い服を着れば肌が白く浮き
紅い服を着れば瞳が輝き

約束の再会は
わたし達の距離が縮まる期待が暦に現れ
子供のように指折り数えていこう
月の始めから終わりまで
数えられないところまで数えよう

白い服を着れば髪が黒く滑り
青い服を着れば足が浮く

言葉を交わすほどに
わたし達の距離が縮まる期待を文字に託して
月と潮の満ち欠けを語りながら
近道をさぐり
遠回りの道を楽しんでいる

言葉を交わすほどに
わたし達の距離が縮まる期待を文字に託して
煩く蝉が泣き出しても
赤とんぼが激しく飛んでいようとも
約束の再会を期待して
語れないことまでも語ろう







 
  08/12|ポエム♪||TOP↑
小さな波










 
  08/07|写真とポエムのコラボ♪||TOP↑
連なる山々に隠れるように
夏雲は早々に流れていくから
見つめている私は徐々に酔ってしまう
私も一緒に流れてしまえば
腕時計をはずすことも出来たのに
地面に向けて下げた腕は重さに耐え続けている

今日必要なものは何一つ入っていないバッグを
無造作に肩にかけて歩けば
靴底から溶けていく夏の午後だった
夕暮れには化粧を直して
長い影が追いかけてこようとも
君の背中をめざして走ろう

明日のことを考えて眠れないままに明日を迎えた朝に
君が隣で寝息をたてる幸せは夢のなかで
目覚めれば汗をかいた額には
昨日の後悔が刻まれているような痛みがあった
腕時計は忘れないで身に付ける
君からの贈り物は動かないまま時を刻み続けている






 
  08/06|ポエム♪||TOP↑
再会がこの道の先にある停留場にあるのなら
きっと君にまた恋してしまう
離れていた距離も時間も熱風に吹かせて
二人ともバスに乗れないまま
停留場のベンチに腰掛て
君の瞳の中にある喜びを探そう


何の会話を始めるのか躊躇しながら
きっと君にまた恋している
君の手をとり指をからめてみよう
手のひらに汗をかいている
別れの夏に視線を走らせながら
君の背中にある皺の数を数えていこう


再会のために停留所をいくつも過ぎ去った気分で
きっと君にまた恋してしまう
さらに遠くの停留所は見えないけれど
二人ともその場所は知っている
手をつないで歩きながら
君の肩の傾きを眺めていこう





 
  08/04|ポエム♪||TOP↑
■義援金募集
■1クリック募金!
■ご訪問ありがとう!
■ランキング参加中!
ブログランキングに参加中!
①②③ポチに感謝(^.^)


■リスト

■最近のポエムだわ
■プロフィール

kyo-ko-coco

Author:kyo-ko-coco
 *きょう、です。
大人の「恋愛」をポエムに。
過去の事・今の事・未来の
事も結局は想像の中でつく
られてしまう。

ポエムを読んで
あなたの感じるままに。
あなたの世界へ。


*リンクフリー 
よかったら、
お知らせ下さい(^^)
喜んで遊びにいきますね!
(ただし、アダルトサイトと
商用目的広告サイトへのリン
クは固くお断り)

*ポエムも写真も無断で使用
は禁止。私の大切なものです。

*不適切なコメントは断りなく
削除するときがあります。




ガネーシャ
世界のお守りブログパーツ
■Tree-LINK
★は詩ブログ ☆は写真ブログ ■はお好みブログ
■ふりわけ~♪
■ブロとも申請フォーム
■ブログは何歳?

*script by KT*
簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)
■全ての記事
■お得な?情報?


ナップスターCDプレゼントキャンペーン

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!









 

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。