上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
  --/--|スポンサー広告||TOP↑



■お写真はsamさんのブログ「SAM’S NIGHT」 からお借りしました。
夜景の写真から、花の写真まで。
いろいろと楽しめます(^.^)ぜひぜひ、のぞいてみてください♪


スポンサーサイト

 
  05/31|写真とポエムのコラボ♪コメント(17)トラックバック(0)TOP↑
風に揺れる桜の影は
雑草が生い茂る地面の上で
零れる光を避けながら
風の動きにあわせて揺れる

枝に茂る葉の隙間をぬける
一筋の光だけでいい
何も求めず、
誰にも認められず、
それでも想い続けることを
五月の風は許してくれるだろうか

地面を這うように揺れる桜の影を
カラスが一羽、踏みつけながら歩く
風に桜が揺れれば、影も揺れる
重なる葉の隙間から
五月の蒼空もみえる

桜の影の動きに目をはわせ
零れる光に目を奪われる
一つの景色の中で
交差する影と光
離れ去ったのは、どちらなのか
わからないでいる

 
  05/29|ポエム♪コメント(28)トラックバック(0)TOP↑




いくつになっても、
生まれた日は、特別な日。

happy birthdayの歌はなくても
笑顔があれば嬉しい。
ロウソクを消す儀式がなくても
「おめでとう」の言葉があれば嬉しい。

ありがとう。
生きていてよかった。
その言葉しか浮かばない
ありがとう。




☆ブログは、5万ヒットを達成して。
「sute-nora」同盟は無事、2回目を終えて。
ついでに、誕生日まで迎えました(^.^)


みなさまに感謝です。

ありがとう。

生かされていると思ってます。

ありがとう。

ありがとう。


ホロ酔い気分なわたし。



 
  05/28|未分類||TOP↑





「sute-nora」同盟の作品は下記にも同日にアップしてます。
  是非読んでくださいね。
「sute-nora」tenkoさんのブログ「空を見上げて」
「sute-nora」ながれ星さんのブログ「いつか見る夢」

同盟について別窓に掲載しています。こちらも是非読んでください!

 
  05/26|「sute-nora」コメント(41)トラックバック(0)TOP↑
全てを欲しがる君に
壊れかけたわたしを投げだしていた
わたしたちには「愛があった」

区切られた空間にいながら
ガラス瓶の中に見える脆さに怯え
目を反らせないでいた
希望の先には
満足している君も
後悔しているわたしもいない

花の咲かない芽が浮き出し
地面を這いながら、
切れない茎を伸ばしていた
わたしたちには「愛があったはず」
小さな鏡の世界に入りこんだ
反転の姿を信じるように

全てが全てではなく
思いこむことが全てだった
抱えたガラス瓶の中には
すでに書き込まれていた物語が
置かれていた

 
  05/25|ポエム♪コメント(27)トラックバック(0)TOP↑



 
  05/23|お知らせ♪コメント(43)トラックバック(0)TOP↑



■お写真は背景素材サイト【狸穴】
ゲームサイト支援【Danu】を運営されてます、狸さんから頂いたものです。

■都忘れには、ピンクや紫色もあります。
原種は、白色だったそうです。
花言葉:ミヤコワスレ,みやこわすれ(都忘れ)は、
「しばしの憩い」「別れ」「短い恋」の花言葉です。

 
  05/23|花言葉ポエムコメント(214)トラックバック(0)TOP↑
君の一日は
知らない土地での知らない顔で
君の一日を終える
重ならない時のかわりに
言葉を綴っていく、わたし

流れる音楽のように
君の胸に留まる言葉を
静か過ぎる夜に見つけられない
君に読んでもらいたい文字は、
透明な鉛筆で書いている
光を注いでも輝くことはなくて

流れる風のように
君の頬をくすぐる言葉は
狭い部屋からは生まれない
真夜中に書き始めた文字は、
新月の空の下では読めず
四方へ飛んでいく

君の知らない時のなかで
君の知らない言葉を
わたしの夜に綴ろうとする
ちぎれた言葉を、一つ一つ拾いながら
繋ぎ合わせていくように
崩れていく想いを引き止めるために

君が読むことはなくても
わたしが繰り返し読むためにも




 
  05/20|ポエム♪コメント(30)トラックバック(0)TOP↑



■お写真はスコールさんのブログ「風のように」
からお借りしました。
綺麗な花の写真から、動物の写真まで。
いろいろと楽しめます(^.^)ぜひぜひ、のぞいてみてください♪

 
  05/19|写真とポエムのコラボ♪コメント(17)トラックバック(0)TOP↑
戯れるように
まわした腕の先には
わたしたちだけの雨の降る景色
限りない時を奪いあうように
からみつく指先には
小雨を掴むだけの力しかない

気だるさを誘うだけの小雨に
霞みながら消えていく部屋の灯り
わたしたちがなぞる川は
くだる先を遠くに見せる
誰も知らない河川敷に
導かれるまま向かうように

戯れの中にある真実を
君は、見据えて抱え込み
わたしは、見えないふりをする
君の無精髭のはえた口元は
愛を囁くよりも、
さらなる愛を求めて歪んでいた

川に浮かぶ笹船の危うさで
川岸にぶつかり回転しながら
確実に下っていく
わたしたちに似合いだと
微笑みながら、君の胸に顔をうずめ
流されていく小雨の夜

濡れたまま、指をからませ
戯れるのは小雨のなかのわたしたち






 
  05/16|ポエム♪コメント(14)トラックバック(0)TOP↑



 
  05/15|写真とポエムのコラボ♪コメント(27)トラックバック(0)TOP↑
今夜は、フラッシュでポエムを読んでください(^.^)
ひと手間かかりますが・・・。
音楽も画像も素敵なので、お時間のある方、ごゆっくりどうぞ♪

「 西に沈むばかりのとき 」(4/12に公開していたポエムです)

「 時を告げる皐月の朝 」(「続きを読む」を開くとあります)


背景素材サイト【狸穴】ゲームサイト支援【Danu】
運営されてます狸さんが、わたしのポエムにあわせて、
画像を作り、音楽を選び、フラッシュで作成してくださいました。
ブログにはアップできない重さなので、リンクという形をとりました。
ワンクリックで飛んでいきますので、是非ご覧頂きたいな、
と思ってます(^.^)





 
  05/12|フラッシュ☆ポエムコメント(31)トラックバック(0)TOP↑
「ポエムな気分」にご訪問してくださる皆様に
心より、御礼申し上げます。


ブログを始めて11ヶ月。
けっこう、ハイペースな更新だったような気がします。
最近は、去年と比べるとペースダウンしてきましたが^_^;
仕事も忙しい時期になってきました。
それと共に、今までのような更新も難しくなってきました。
(多少のスランプ?もあるのですが・・・)
これからは、
ペースダウンしようと思ってます。

週に2回なのか、3回なのか、もしかしたら毎日?(笑)
その時次第ですが。
「ポエムな気分」になったなら、更新できることでしょう。

皆さまのブログには、なかなかコメント残せずごめんなさい。
読み逃げしているときが多いです^_^;
でも、こそっと読みにいきますので
こそっと、お邪魔させてくださいね(^^♪

コメントへのお返事も遅れがちで、本当に申し訳ないです。
こんな、ブログですが、
これからも、「ポエムな気分」を宜しくお願いしますm(__)m



 
  05/11|お知らせ♪コメント(17)トラックバック(0)TOP↑



■お写真はnanbuyaさんのブログ「九十九里物語」 からお借りしました。

九十九里の写真がたくさんありますよ。
波・砂浜・鳥・月など、素敵なお写真がたくさん♪
是非是非、ご覧ください(^^♪お勧めします!

 
  05/09|写真とポエムのコラボ♪コメント(27)トラックバック(0)TOP↑
留め金が外れた月は
焦点の合わない写真を見るようで
揺れるだけの月でしかなく、
空は落ち着かない

星の欠片さえ見えない
明るすぎる空に、
箍が外れた月と雲は交互に重なりあう
交じり合う快楽を逃さないように
隙間なく、途切れることなく。
月から漏れる小さな灯りは薄れていく
風の流れとともに終わり
僅かに重なりながら漂っていく

欲望のまま、空に現われては
お互いの存在に反発し
再び呼びあい、
交差しながら、明日がないと嘆く

捨てずに放置する
無駄な空き箱のような空に
君への想いはあったのだと思う
揺れるしかない月が
今夜も空にいた


 
  05/07|ポエム♪コメント(15)トラックバック(0)TOP↑



■今回も、CGで描かれた画像です。
背景素材サイト【狸穴】ゲームサイト支援【Danu】
運営されてます、狸さんから頂いたものです。
狸さんのサイトには、他にもたくさん画像がありますので、
興味のある方は、ぜひぜひご覧になってください(^.^)
 
  05/06|写真とポエムのコラボ♪コメント(14)トラックバック(0)TOP↑
雨がやみ、昔の音楽が流れる
3年前から聴いている
その場で一回り。
街の景色は濡れたままで変わらない

君の斜め前にいた
煙の向こうで何を語ったのかわからない
時を隔てた顔に問うこともないが
止んだ。
濡れた道には、右へ左へと足音だけが響く
行きたい道は見当たらず、
横では濡れた海が引き潮になっていた

緩く湾曲した橋をわたりながら
道を横切る3年前の野良猫を眺めた
横道には街灯がひっそりと立つ
近づけば長い影が生まれる
君が知らない、偶然からできた道
独り歩くには充分な道幅で
広すぎる限られた空間にわたしがいるだけだった

止んでいた。
足音だけを聞きながら帰った
野良猫は軒下へ行ったのだろうか




 
  05/05|ポエム♪コメント(22)トラックバック(0)TOP↑
今夜は、同僚の誕生会ということで、

久しぶりに夜の街にでかけてきます

ということで、

コメントへのお返事は、また遅くなります

帰ってきてからお返事しますね。
(いつもいつも遅い返事でごめんなさい)

ではでは。

行ってきます(^^♪


頭痛薬飲んでいくけど・・・悪酔いしない?
二次会まで行く予定になっております・・・

 
  05/04|お知らせ♪コメント(7)トラックバック(0)TOP↑
息苦しい部屋から飛び出して
夜の街を駆け抜けてきた
僅かな星明かりとしずかにうねる海が
わたしたちの夜には似合うと思う
白い波は気だるそうに繰り返していた

暗闇の砂浜を無言のまま歩く
君の歩幅と
わたしの歩幅は揃わない
音もなく、近寄り離れていく波に
わたしたちの足跡は残せるだろうか
君の顔も見えない砂浜から
海と空が混じる漆黒の沖を眺める
漁火は消えいりそうに小さく瞬いていた

風が体温を奪うように
わたしたちにまとわりつきだした
冷たい手を握りあうこともないまま
今日の証もない海を感じていた
もう帰りたいと思う

帰ろう、わたしたちの隠家へ
君の手を握り歩く
砂浜の足音は波に消されてしまう
不揃いな足跡が浮かび上がるだけだ
夜だけ姿をみせる月のように
満ち欠けを繰りかえす二人には
まだ、鼓動が聞こえる隠家が
恋しい場所だと思えた

 
  05/03|ポエム♪コメント(8)トラックバック(0)TOP↑



 
  05/01|写真とポエムのコラボ♪コメント(52)トラックバック(0)TOP↑
■義援金募集
■1クリック募金!
■ご訪問ありがとう!
■ランキング参加中!
ブログランキングに参加中!
①②③ポチに感謝(^.^)


■リスト

■最近のポエムだわ
■プロフィール

kyo-ko-coco

Author:kyo-ko-coco
 *きょう、です。
大人の「恋愛」をポエムに。
過去の事・今の事・未来の
事も結局は想像の中でつく
られてしまう。

ポエムを読んで
あなたの感じるままに。
あなたの世界へ。


*リンクフリー 
よかったら、
お知らせ下さい(^^)
喜んで遊びにいきますね!
(ただし、アダルトサイトと
商用目的広告サイトへのリン
クは固くお断り)

*ポエムも写真も無断で使用
は禁止。私の大切なものです。

*不適切なコメントは断りなく
削除するときがあります。




ガネーシャ
世界のお守りブログパーツ
■Tree-LINK
★は詩ブログ ☆は写真ブログ ■はお好みブログ
■ふりわけ~♪
■ブロとも申請フォーム
■ブログは何歳?

*script by KT*
簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)
■全ての記事
■お得な?情報?


ナップスターCDプレゼントキャンペーン

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!









 

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。