上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
  --/--|スポンサー広告||TOP↑
 

 多分陽射しは斜め右上にあり
 遮る猫の重みで気づく朝
 
 話した相手はただの他人一人だけで
 言葉を選ぶ苦労のない午後

 飲み水を選ぶ戸惑いと諦めが
 腕への重みとなった夕暮

 濡れた髪がタオルから零れ
 背中をなでてくる夜

 冷たくなった空気が頬にささる
 頭まで布団をかぶり丸くなる夜中

 もっと長く眠っていたい


 



スポンサーサイト

 
  11/06|ポエム♪||TOP↑
遠くの空に浮かぶ小さな雲をみて
胸がなんだかざわつく
涙は零れないが大好きな歌をつぶやいている

ヘイヘイヘイダーリン

愛した人よ

ヘイヘイダーリン

愛してくれた人よ


道端に咲いたコスモスの群れ
誰が種をまいたのだろう
今は独り占めの景色のなかにいる

ヘイヘイヘイダーリン

愛した人よ

ヘイヘイヘイダーリン

愛してくれた人よ


思い出すほどに
空も雲も遠くになるのだけれど
胸のなかがどんどん波打ってきたのだが









 
  11/03|ポエム♪||TOP↑
夜明けの街灯





 
  09/06|写真とポエムのコラボ♪||TOP↑
あざみの独り言








 
  04/26|写真とポエムのコラボ♪||TOP↑
桜と空と










 
  04/03|写真とポエムのコラボ♪||TOP↑
船が待っている









 
  02/19|写真とポエムのコラボ♪||TOP↑
無関心でいられる時をを抱えて
明日を考えないまま歳を重ねていく
朽ちていくのが生まれたときからの運命と
指折り数えることもなく
独りで消えていく寂しさを抱えないように
猫の丸まった背中をなでながら
熱い珈琲を飲み白い吐息を天井へ飛ばした

ふと見上げたその場所に
背の高い君がいたのは
二人で落ちていくのが運命になっていると
分かっていながら気づかない振りのまま
君と言葉を交わしていき
深い暗闇のなかで手を繋ぎ何度も見つめあった

朧な情景となった過去を見ることを止めて
明日のことも考えることを諦めて歳を重ねていく
やがて当たり前のように朽ちていくから
まだ海から昇ってくる風と雨をを受け止めて
寂しさで泣きそうになる目を閉じ
猫のなだらかな後頭部をなでながら
煙草を吸い白い吐息を天井へ飛ばした







 
  02/14|ポエム♪||TOP↑
■義援金募集
■1クリック募金!
■ご訪問ありがとう!
■ランキング参加中!
ブログランキングに参加中!
①②③ポチに感謝(^.^)


■リスト

■最近のポエムだわ
■プロフィール

kyo-ko-coco

Author:kyo-ko-coco
 *きょう、です。
大人の「恋愛」をポエムに。
過去の事・今の事・未来の
事も結局は想像の中でつく
られてしまう。

ポエムを読んで
あなたの感じるままに。
あなたの世界へ。


*リンクフリー 
よかったら、
お知らせ下さい(^^)
喜んで遊びにいきますね!
(ただし、アダルトサイトと
商用目的広告サイトへのリン
クは固くお断り)

*ポエムも写真も無断で使用
は禁止。私の大切なものです。

*不適切なコメントは断りなく
削除するときがあります。




ガネーシャ
世界のお守りブログパーツ
■Tree-LINK
★は詩ブログ ☆は写真ブログ ■はお好みブログ
■ふりわけ~♪
■ブロとも申請フォーム
■ブログは何歳?

*script by KT*
簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)
■全ての記事
■お得な?情報?


ナップスターCDプレゼントキャンペーン

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!









 

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。